天気予報

27

23

みん経トピックス

北品川でトークイベント中延に「フランスの食堂」

北品川・荏原神社のカンヒザクラ満開に 2月末まで見頃

北品川・荏原神社のカンヒザクラ満開に 2月末まで見頃

2本のカンヒザクラが満開になった荏原神社の境内

写真を拡大 地図を拡大

 新馬場駅近くの荏原神社(品川区北品川2)のカンヒザクラ(寒緋桜)が満開となり、一足早い春の訪れを伝えている。

メジロもお花見にやってきた

 同神社は709年に創建され、品川の龍神として源氏や徳川など多くの武家の信仰を受けてきた。毎年6月に行われる牛頭天王(ごずてんのう)を祭る「天王祭」が有名。同神社の境内にある2本のカンヒザクラは、区内で一番早く咲く桜として地域住民に親しまれている。

 桜の写真を撮りに来た女性は「毎年写真を撮りに来るのを楽しみにしている。ここ数日は晴れているため、桜の花が青空によく映える」とほほ笑む。同神社の前では、立ち止まってお花見をしていく通行人の姿が多く見られた。メジロを探して楽しむ親子の姿も。

 カンヒザクラは台湾や中国南部が原産地。日本では鹿児島や沖縄を中心に自生している。鮮やかな緋紅色(ひこうしょく)の花が鐘状に下向きに咲く。ヒカンザクラ(緋寒桜)とも言われるが、ヒガンザクラ(彼岸桜)と間違われることから、カンヒザクラと呼ばれることが多い。

 同神社の担当者は「今年は1月中旬から咲き始め、昨年より早い見頃となった。2月いっぱいは桜をお楽しみいただけるのでは」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「ビーフストロガロフ バターライス添え」(2,800円)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング