天気予報

26

18

みん経トピックス

アトレ目黒にボディショップ大崎に和風ビアホール新業態

ガンダム、大地に立つ-18メートルの等身大立像で都市再生をPR

ガンダム、大地に立つ-18メートルの等身大立像で都市再生をPR

©創通・サンライズ 世界初、約18メートルのガンダム等身大立像イメージ。

写真を拡大 地図を拡大

 GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト実行委員会は7月上旬~8月下旬、「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」を開催し、台場駅近くの潮風公園(品川区東八潮1・2)内に「機動戦士ガンダム」の約18メートルのガンダム等身大立像を設置すると発表した。

 「機動戦士ガンダム」は、1979年から放映されたTVアニメ「ガンダムシリーズ」の1作目。主人公のアムロ・レイが、モビル・スーツ(人型ロボット)「ガンダム」に搭乗し、仲間と共に生き延びるために戦うロボットアニメ。等身大立像は、同アニメ放送から30周年を記念して、バンダイナムコグループ(港区)が制作したもの。立ち姿のガンダム等身大象は世界初。

 同立像は「機動戦士ガンダム」に登場する「RX-78-2 ガンダム」。頭部が上下左右に稼働するほか、頭部・両眼・両肩警告ライト・両膝警告ライトなど、約50カ所に発光ギミックが内蔵されている。このほか、両胸スリット部と足首部分、背中のバーニアなど14カ所にミスト噴射ギミックが内蔵されており、「臨場感あふれる」アニメーションの世界を再現する。期間中、専用台座に設置され夜間はライトアップされる予定。

 同プロジェクトの目的は、都市の緑化推進、公園の活性化、文化の発信。お台場エリアを中心に、都民と企業・行政が一体となり、東京のメッセージを発信していく。また、イベント収益の中から、街路樹の倍増や校庭の芝生化などの事業に寄付される「緑の東京募金」に還元する。プロジェクト期間中の目標動員数は100~150万人。

 GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト実行委員会広報担当の芝崎樹里さんは、「ガンダムファンの方もそうでない方もイベントを楽しみながら、ガンダムと一緒に緑あふれる東京の再生を目指していければ。この機会にぜひ世界初の等身大立像ガンダムを見に来ていただきたい」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング