プレスリリース

全国賃貸物件オーナー向け投資物件売却・購入相談窓口「売買の窓口」 開発スタート!

リリース発行企業:株式会社クラスコ

情報提供:

クラスココンサルファーム(本社:石川県金沢市/代表取締役社長:小村典弘 以下、クラスコ)は全国の不動産賃貸管理会社に対し、不動産オーナー向け投資物件売却・購入相談窓口「売買の窓口」の開発をスタートしたことをお知らせいたします。





【開発の背景】
全国的な人口減少と賃貸住宅の過剰供給で30年後の不動産価格は3割に下がると言われています。また、賃貸物件オーナーと不動産会社の間での情報の非対称性が流通を妨げているなど、不動産業界はさまざまな問題にさらされています。
物件オーナーにとって、不動産価格が下がることは大きな問題であり、売却のタイミングを逃してしまったり、コミュニケーション不足による売却・資産組換え提案が受けられない中で賃貸管理を任せている方も多くいらっしゃいます。
このような、保有中の不動産が今いくらで売れるのか、そもそも保有するべきなのか、売却するべきなのかというオーナーの疑問や不安を解消するサービスが、「売買の窓口」です。
「売買の窓口」は、不動産管理会社向けに収益不動産を取り扱うために必要なノウハウを提供し、オーナー相談窓口をフランチャイズ化することでサービスを展開します。不動産管理会社が売却・資産組換え提案を積極的に行なえるようにするために、スタッフの教育カリキュラムや資格制度を提供し、全国の不動産会社から同士を集めることで専用のWEBサイトで広く物件情報・会員数を共有します。
同時に、各地域でオーナーが安心して賃貸管理を任せられる環境を提供することを可能とします。

【サービス構成】

<AI・テクノロジー(※1)>
物件価格査定機能や、収支計算、投資分析、キャッシュフロー計算、物件管理システム、オーナー管理システムなど、オーナー向けの不動産売買業務を円滑にする業務改善テクノロジー。
(※1)別途契約・料金が必要なサービスです。

<ノウハウ・資格制度>
物件の仕入れや、査定・販売ノウハウに加え、来店いただいたオーナーへのおもてなしの仕方、集客手法など幅広いノウハウを提供。また、これらの知識の取得を資格制度にすることで、スタッフの知識量を可視化し、オーナーの信頼度UPにつなげる。

<ブランド・ツール>
ロゴをはじめ、封筒や紙袋などブランドイメージの統一化を図るためのツールを提供。また全国ブランドという信頼感を根付かせ、集客UPにつなげる。

<WEBサイト>
全国の収益物件の掲載や、簡易査定機能を搭載した「売買の窓口」公式WEBサイトのほか、会員限定の物件情報、セミナー情報を提供する会員専用WEBサイト、各種ツールのダウンロードとeラーニングでのスタッフ教育が可能なメンバーWEBの3つを提供。

【不動産管理会社のメリット】
1.管理会社の強みを活かし、売買による所有者変更時の管理物件の流出をブロックすることができる
2.売買仲介案件の増加が見込める

【オーナーのメリット】
1.全国に相談窓口があることで、困ったときに気軽に相談しやすい
2.自分の物件のことを理解して管理している会社が査定・仲介してくれるので安心して任せられる

【全国サービス提供について】
2019年4月中旬より全国説明会スタート、夏頃より全国サービス提供を予定しています。

[ 売買の窓口 Webサイト ]
http://bai-bai.jp/


---------------------------

【会社概要】

<会社名>
株式会社クラスココンサルファーム

<代表者>
代表取締役社長 小村 典弘

<資本金>
1億6,710万円(グループ全体)

<所在地>
金沢本社
〒920-0024 石川県金沢市西念4-24-21
TEL 076-222-1111 FAX 076-264-9156

銀座オフィス
〒 104-0061 東京都中央区銀座5-14-5 光澤堂GINZAビル7F
TEL 03-6833-5500 FAX 03-6675-9004

<事業内容>
不動産の売買、賃貸借、管理、修理及び仲介 建売住宅の建築、販売及び宅地の造成販売など

<URL>
http://consulting.crasco.jp/

ピックアップ

ピックアップ