プレスリリース

【セミナーご案内】メタマテリアル・メタサーフェス入門 12月13日(金)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

リリース発行企業:株式会社シーエムシー・リサーチ

情報提供:

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: https://cmcre.com/ )では、 各種材料・化学品などの市場動向・技術動向のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「メタマテリアル・メタサーフェス入門」と題するセミナーを、 講師に冨田 知志 氏 東北大学 高度教養教育・学生支援機構(兼:理学研究科 物理学専攻) 助教 博士(理学))をお迎えし、2019年12月13日(金)13:30より、 『ちよだプラットフォームスクエア』B1F R005(千代田区錦町)で開催いたします。 受講料は、 一般:45,000円(+税)、 弊社メルマガ会員:40,000円(+税)、 アカデミック価格は24,000円となっております(資料付)。 セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社の以下URLをご覧ください!  https://cmcre.com/archives/51210/ 質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。


メタマテリアル・メタサーフェスは、波長よりも十分小さな構成要素を組み合わせ、光を操るための人工材料です。メタマテリアルは三次元構造で、二次元構造はメタサーフェスと呼ばれます。メタサーフェスは近年応用を目指して活発に研究が行われています。本講演は、マイクロ波から可視光で機能するメタマテリアルやメタサーフェスの基礎知識から始めます。続いて負の屈折率、透明マント、完全吸収体などのブレイクスルー、そしてメタサーフェスなど最先端の研究動向まで紹介します。「メタサーフェスは役に立ちそうだ」とこれから参入を考えている方も歓迎します。

1)セミナーテーマ及び開催日時
テーマ:メタマテリアル・メタサーフェス入門
開催日時:2019年12月13日(金)13:30~16:30
会 場:ちよだプラットフォームスクウェア B1F R005
  〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21
参 加 費:45,000円(+税) ※ 資料付
  * メルマガ登録者は 40,000円(+税)
  * アカデミック価格は 24,000円(+税)
講 師:冨田 知志 氏
   東北大学 高度教養教育・学生支援機構(兼:理学研究科 物理学専攻) 助教 博士(理学)

【セミナーで得られる知識】
メタマテリアル・メタサーフェスの基礎知識・具体例・応用先

2)申し込み方法
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト
https://cmcre.com/archives/51210/
からお申し込みください。
折り返し、 聴講券、 会場地図、 請求書を送付いたします。


3)セミナープログラムの紹介
1. はじめに:メタマテリアル・メタサーフェスとはなにか

2. メタマテリアル・メタサーフェスの基礎
 2.1 メタマテリアルの歴史と原理
 2.2 物質の光応答:誘電率、透磁率、屈折率、波動インピーダンス
 2.3 負の屈折率メタマテリアル
 2.4 フォトニック結晶、伝送線路モデル
 2.5 メタサーフェスの歴史と原理
 2.6 波面制御という考え方
 2.7 屈折現象における一般化スネルの法則
 2.8 メタサーフェスのデザイン

3. さまざまなメタマテリアル
 3.1 負屈折率メタマテリアル
 3.2 パーフェクトレンズ・スーパーレンズ・ハイパーレンズ
 3.3 不可視化クローク:隠れ蓑、透明マント
 3.4 カイラルメタマテリアル・磁気カイラルメタマテリアル
 3.5 音波や熱のメタマテリアル

4. さまざまなメタサーフェス
 4.1 完全吸収体メタサーフェス:狭帯域輻射体
 4.2 波面制御平面光学素子:フラットレンズ
 4.3 幾何学的位相メタサーフェス:円偏光変換板
 4.4 薄膜メタサーフェス:無退色インク、水分解セル

5. まとめと今後の展望

4)講師紹介
【講師略歴】
2002年3月 神戸大学大学院 自然科学研究科 修了、博士(理学)
2002年4月 理化学研究所 博士研究員
2002年12月 科学技術振興機構 さきがけ専任研究者
2006年4月 奈良先端科学技術大学院大学 助手、助教
2019年3月 東北大学 助教、現在に至る。

【研究歴】
2002年よりメタマテリアルの研究に従事

【所属学会】
応用物理学会、日本磁気学会、日本物理学会

【著 書】
「メタマテリアルのつくりかた ―光を曲げる「磁場」とベリー位相―」冨田知志、澤田桂(2019年7月、共立出版)


5)セミナー対象者や特典について
★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、 地方公共団体、 および学校法人格を有する大学、 大学院の教員、 学生に限ります。
★ 2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、 2人目は無料、3名目以降はメルマガ価格の半額となります。

【セミナー対象者】
光学機器、電機、電子部品、金属、高分子プラスチック、加工形成などの企業の研究開発・生産技術・企画戦略に携わる方(予備知識は不要、これからの参入を考えておられる方も大歓迎)

☆詳細とお申し込みはこちらから↓
 https://cmcre.com/archives/51210/

6)関連セミナーのご案内
(1)車載用イメージセンサ・カメラの業界・技術動向と用途展開
  開催日時:2019年11月28日(木)10:00~16:00
  https://cmcre.com/archives/51025/

(2)ディスプレイ向け光学フィルムの基礎と新ディスプレイへの応用
  開催日時:2019年12月11日(水)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/52202/

(3)メタマテリアル・メタサーフェスの基礎と応用
  開催日時:2020年1月23日(水)13:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/53410/

(4)Mini/Micro LEDおよびOLEDの進展と部材の力で継続進化するLCD
  開催日時:2020年1月30日(木)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/50443/

(5)テラヘルツ波のセンシング・イメージング応用と光源・検出器の基本
  ~ 安全安心・医療医薬への展開 ~
  開催日時:2020年2月27日(木)10:30~16:30
  https://cmcre.com/archives/53360/

☆開催予定のセミナー一覧はこちらから!↓
 https://cmcre.com/archives/category/seminar/seminar_cmc_f/

7)関連書籍のご案内

(1) 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
― ディスプレイ、タッチパネル、イメージセンサ ―
https://cmcre.com/archives/35142/
・技術の基礎、最新技術から市場動向・ビジネス の視点 までを1冊で!

(2)スマートウィンドウの基礎と応用
https://cmcre.com/archives/34476/
・注目されるスマートウィンドウに関して基礎から最新動向までを解説!

(3) ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
https://cmcre.com/archives/34453/
・車載用カメラシステムの製品と特徴を解説、動向まとめた!

☆発行書籍の一覧はこちらから↓
 https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/

                              以上

  • はてなブックマークに追加