原美術館がコレクション展-奈良美智さん、草間弥生さんらの作品も

原美術館は、1938年に建てられた初期モダニズム様式の建築。設計は渡辺仁。

原美術館は、1938年に建てられた初期モダニズム様式の建築。設計は渡辺仁。

  •  

 原美術館(品川区北品川4 TEL 03-3445-0651)で、「原美術館コレクション-日本/亜細亜的現代」が開催されている。

 同展では、同館所蔵作品から草間彌生さん、やなぎみわさんなど日本とアジアの作家による作品を中心に約50点を紹介する。そのうち、奈良美智さん「Eve of Destruction」、加藤美佳さん「みんなのお墓」、森村泰昌さん「烈火の季節/なにものかへのレクイエム(MISHIMA)」、藤本由紀夫さん「18×18(screen)」は新所蔵作品。

[広告]

 10月27日には、同館ザ・ホールで、ドイツの若手女性ビデオ・アーティスト、エバ・テッペさんによるスライドレクチャー「Meet the Artist: Eva Teppe」も開催。一部マルチ画面で投影されるエバさんのビデオインスタレーションは、時間の認識についての興味深いアプローチが評価されている。開催時間は13時~15時。参加費は1,000円。要予約。

 開館時間は11時~17時(水曜は20時まで、入館は閉館時刻の30分前まで)。同展は10月28日まで。日曜・祝日には14時30分より、同館学芸員によるギャラリーガイドもある。

原美術館