買う

白金台に輸入食材店「アンド マーケット」-「ショコラティエ・ボナ」の販売も

鈴木将人社長(左から2番目)と早川沙織店長(左から3番目)とスタッフ

鈴木将人社長(左から2番目)と早川沙織店長(左から3番目)とスタッフ

  •  
  •  

 白金台交差点近くに8月21日、輸入食材店「& MARKET(アンド マーケット)」(港区白金台5、TEL 03-6450-3903)がオープンした。

店内の様子

 経営は、輸入食材店「エピスリー・フィンヌ」(豊島区)を展開するSTEPS-M(同)。「& MARKET」は2店舗目に当たる。ヨーロッパを中心に世界各国の食材をそろえるほか、キッチンを併設して手作りのパウンドケーキ(260円~)やキッシュ(350円)なども販売する。

[広告]

 同店は、「エピスリー・フィンヌ」と同じくフランスのチョコレートブランド「ショコラティエ・ボナ(BONNAT)」の正規販売店。1884年創業の同ブランドは、カカオ豆の買い付けから焙煎(ばいせん)、製造の全てを自社で行う。126年前から変わらぬ製法で、同じ道具を修理し使い続けていることから「世界最古の幻のチョコレート」と呼ばれているという。

 STEPS-Mの鈴木将人社長は、「ショコラティエ・ボナ」の輸入代理店であるボンテジャパン」(中央区)の社長を兼任。約2年前から共通の友人を通して、同チョコレートのオーナーで4代目のステファン・ボナさんを紹介された。「手間暇をかけて作るので入手が難しい。香料やレシチンも一切使っていない」と鈴木さん。

 チョコレートはメキシコ産のカカオ豆を使った「カカオレアル・デル・ソコヌスコ」(1,575円)、ベネズエラ産「チュアオ」(1,050円)など34種類のタブレットチョコレート(板チョコレート)を用意。ボンボン・ショコラは常時30種そろえ、価格は1個105円~。

 売り場面積は15坪。紅茶やジャム、菓子などの輸入食材のほか、生豆で仕入れる世界各国のコーヒー豆11種(200グラム700円~)なども販売。山梨県の標高1200メートル付近にある農園で育てられた新鮮な野菜もそろえ、現在は、トマト(1個94円)、ズッキーニ(1本168円)、トウモロコシ(1本258円)などの夏野菜を販売する。

 オープン直後の様子について、早川沙織店長は「近隣の皆さまのニーズがあり盛況だった。当店でしか手に入らない商品をそろえているので、すでにリピーターの方もいらっしゃる」と話す。「いつご来店いただいても楽しんでいただける品ぞろえを心掛けたい。誰からも必要とされる、愛される店となれれば」とも。

 営業時間は9時~21時。