食べる

武蔵小山に「subLime cafe」-イタリアン「生ハム」から業態変更

奈良さん(写真右)とスタッフ

奈良さん(写真右)とスタッフ

  •  

 東急目黒線・武蔵小山駅近くのパルム商店街に3月10日、「subLime(サブライム) cafe 武蔵小山店」(品川区荏原3、TEL 03-3785-1229)がオープンした。店舗面積は40坪、席数は60席。

subLime cafeの店内

 経営は関東を中心に飲食店を展開するサブライム(港区)。店は「お手軽イタリアン 生ハム」を業態変更。同社営業本部長の奈良正徳さんは「商店街という立地柄、カフェなどのコーヒー1杯でも気軽に入れる店の需要が高いことが分かった。そこで、当社初のカフェ業態に踏み切った」と話す。

[広告]

 モーニングは、トーストもしくはワッフルとサラダ、ドリンクのセットで390円。ドリンクは、ホットコーヒーやカプチーノ、アールグレイ、ココアなどから選べる。

 ランチは、パスタか週替わりワッフルとドリンク、総菜2品のセットを790円で提供する。セットのパスタは「しらすのペペロンチーノ」や「自家製ミートソース」など。

 ディナーは、「パルマ産生ハムとモッツァレラチーズのワッフル」(900円)や「マルゲリータ」(790円)、「ソーセージの盛り合わせ」(490円)、「半熟卵と厚切りベーコンのカルボナーラ」(890円)などを用意。ドリンクは「ホットコーヒー」(200円~)や「キャラメルラテ」「カフェモカ」(以上280円~)、「ロイヤルミルクティー」(350円)のほか、各種ビール(450円~)やウイスキー(450円)、グラスワイン(320円)などのアルコール類もそろえる。

 今後について、奈良さんは「利用者は地域の住民が多い。ニーズを取り入れながら、地元の人に愛される店として長く続けていきたい」と力を込める。

 営業時間は7時30分~23時。