食べる

大井町にワインバー「ロス ビノス」-スペインワイン500種を用意

店主の櫻井さん

店主の櫻井さん

  •  

 大井町駅近くに2月7日、ワインバー「LOS VINOS(ロス ビノス)」(品川区東大井5、TEL 03-6718-4210)がオープンした。店舗面積は16坪、席数は15席。

「ロスビノス」の内装

 店主の櫻井一都さんは、ブーランジェリー「Pain aux fous(パン オ フゥ)」(東五反田3)やワインバー「au comptoir ECHEZEAUX(オ コントワール エシェゾー)」(西五反田5)などを経営するタテイシ(品川区)に勤務。昨年12月に退社し、同店の出店に踏み切ったという。

[広告]

 独立の経緯について、櫻井さんは「約10年前、妻がスペイン料理教室に通っていたことをきっかけに、スペインワインに携わるようになった。当時日本ではまだほとんど浸透しておらず、いつかスペインワインに特化した店を持ちたいとずっと考えていた」と話す。

 アルコールは、スペインワインを中心に500種以上を常備する。「おすすめはスペインのスパークリングワイン『カバ』。フランスのシャンパーニュと同じ製法でありながら、コストパフォーマンスがいい。約50種のカバを取り扱っている」(櫻井さん)。

 ドリンクメニューは、「カバ」や「白ワイン」「赤ワイン」(以上800円~)、「シャンパーニュ」(1,200円~)など。「プレミアムモルツ」(700円)や「ジントニック」「カバモヒート」(以上800円~)、「秘伝サングリア」(600円)なども提供する。

 フードメニューは、「生ハムサラミ盛合せ」や「チーズ盛合せ」(以上1,200円)、「パテ ド カンパーニュ」「タコのエスカルゴバターソテー」「シーザーサラダ」(以上800円)、「おつまみホットサンド」「マグロのハーブマリネ」(以上700円)などを用意。チャージ料金は500円、想定客単価は3,500円。

 今後について、櫻井さんは「国内でスペインワインがメーンの店は今も少ない。プチワイン会などのイベントを催して、日頃飲めないような貴重なワインを提供していきたい」と話す。「地元のワイン好きに、本格的で良質なワインを楽しんでいただければ」とも。

 営業時間は19時~翌2時。日曜定休。