「日本映画批評家大賞」主演女優賞に竹内結子さん-品川で授賞式

主演男優賞を受賞した小栗旬さんと主演女優賞を受賞した竹内結子さん。

主演男優賞を受賞した小栗旬さんと主演女優賞を受賞した竹内結子さん。

  • 0

  •  

 品川プリンスホテル(港区高輪4)で3月13日、「第17回日本映画批評家大賞」授賞式が開催された。

 同賞は、日本の映画文化の向上を目的に設立。映画評論家やジャーナリストが個々の視点で「いい映画、いい仕事」を評価し、個性的な映画人を選出する。発案者は、同賞実行委員長を務める水野晴郎さん。

[広告]

 主演男優賞には小栗旬さん(「クローズ ZERO」)が、主演女優賞には竹内結子さん(「サイドカーに犬」)が、それぞれ輝いた。小栗さんは「まだまだ足りないところもあるが、10年後には、ブレがない映画俳優になりたい」と語り、竹内さんは「ヨーコという役は、いままでいただいた役とは違い、強さがある女性でそこが魅力的だった」と喜びを語った。

 審査員特別賞に堺正章さん(「夕凪の街 桜の国」)が選ばれ「映画出演回数が少ないので、新人賞でもいいぐらい。本当にうれしい」と感無量の表情を見せた。特別功労賞(増淵健賞)は「ピカチュウプロジェクト」で、永井豪さんがプレゼンターを務めた。ゲストとして主役のピカチュウが登場する場面も。

 そのほか、作品賞は佐々部清監督「夕凪の街 桜の国」で、助演男優賞はやべきょうすけさん、助演女優賞は、永作博美さんと高橋恵子さんが受賞した。

 水野さんは「映画は、いままでもこれからもエンターテインメントで面白くなくちゃならない。これからも大いにかわいがってもらいたい。やっぱり映画って本当にいいものですね」と締めくくった。

ビッグローブ、TOHOシネマズと共同で「学生映画祭」(品川経済新聞)「東京国際映画祭」が開幕-レッドカーペットに著名人多数(六本木経済新聞)「フランス映画祭2008」、3月に東京・大阪の2会場で開催(六本木経済新聞)映画「サイドカーに犬」ロケ地に国立が登場(立川経済新聞)日本映画批評家大賞

  • はてなブックマークに追加