3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

下神明に中華料理店「福福餃子房」-全7種類のギョーザを提供

「福福餃子房」の外観

「福福餃子房」の外観

  • 0

  •  

 東急大井町線下神明駅・品川区役所前交差点近くに2月6日、中華料理店「福福餃子房」(品川区二葉1、TEL 03-6426-7874)がオープンした。店舗面積は20坪、席数は38席。

「福福餃子房」の店内

 メーンメニューは、具だくさんで大きいサイズのギョーザ。オーナーの方華(ほうか)さんは「以前、荏原町に中華料理店を構えていたが、提供する料理の中でもギョーザの評判が良かった。それを受けて、当店では焼きギョーザを5種類、水ギョーザを2種類とメニューを増やした」と話す。

[広告]

 下神明への出店については、「長年住んでいて、平日はビジネスマン、土曜・日曜は家族連れの人通りが多い。飲食の需要が毎日あるため、店を出すのに最適と感じた」(方さん)。

 メニューは、「羽根付き餃子(ギョーザ)」「野菜餃子」(以上320円)や「ニラ、エビと玉子餃子」(450円)、「福福大餃子」(480円)などのギョーザのほか、「ニラレバー炒め」「五目チャーハン」(以上650円)や「エビと玉子のチリソース炒め」(750円)、「豚肉とピーマンの細切り炒め」(800円)、「北京ダック」(3,200円)などの一品料理も用意する。

 ドリンクは、「ウーロン茶」「コーラ」(以上200円)や「角ハイボール」(420円)、「キリン一番搾り」(450円)、「青島ビール」(460円)、「カシスオレンジ」(480円)、「鏡月」(グラス=400円、ボトル=1,800円)など。客単価は2,500円。

 オープン後の反応については「予想より客入りが良く、手応えを感じている。ギョーザの評判も上々」と方さん。今後の展望について、「店を繁盛させ、継続していきたい。中華料理店以外の出店にも挑戦できれば」とも。

 営業時間は11時~14時30分、17時~翌1時(日曜・祝日は23時30分まで)。

Stay at Home