学ぶ・知る

五反田TOCに「サイクルベース あさひ」 都市型店へ初挑戦

「サイクルベースあさひ 五反田TOC店」の入り口

「サイクルベースあさひ 五反田TOC店」の入り口

  • 0

  •  

 五反田TOCビル(品川区西五反田7)内に6月9日、自転車専門店「サイクルベースあさひ 五反田TOC店」(TEL 03-5719-5255)がオープンした。

常時250台以上の自転車を展示する

 運営はあさひ(大阪府)。全国で427店舗を展開している同ブランド。店内はスポーツ自転車や、電動アシスト自転車、子ども用自転車など、常時250台以上の商品を展示する。店舗面積は約84坪。

[広告]

 出店の経緯について、店長の坂詰良太さんは「これまでは郊外を中心とした出店がメインだった。五反田TOC店は都市型店舗としての初挑戦。長く地域に利用されているTOCビル内に出店することで周辺の需要を確認しつつ、快適な自転車ライフを提案していきたい」と話す。

 商品は「シティサイクル」(1万2,980円~)や「スポーツサイクル」(2万9,980円~)、「キッズ&ジュニア」(1万3,980円~)などを販売。生産から販売までを一貫して行うオリジナル商品が豊富なため、低価格での販売が強みだという。チャイルドシートクッションや各種パーツ、ギアなども用意する。

 店内には安全整備士、自転車技士の資格を持つスタッフが在籍する。チェーン、ブレーキ、空気を10分ほどで点検する「サンキュー点検」(390円)など、自転車のメンテナンスや修理を行うサービスも。(価格は「サンキュー点検」のみ税別)。

 「TOCは自転車通勤のワーカーが多い。近隣に修理できる店がなかったので助かる、というお声をいただいていると坂詰さん。「同エリアのニーズを的確に把握して、自転車選びの選択肢が広がるような提案をしていきたい」と意気込む。

 営業時間は10時~20時。