食べる

JR五反田駅ガード下に「後楽そば」 有楽町の焼きそば店が2年ぶり営業再開

後楽そばの「やきそば」

後楽そばの「やきそば」

  •  

 JR五反田駅東口側の高架下に「名代 後楽そば 五反田店」(品川区東五反田1、TEL 080-8890-4596)がオープンして1カ月がたった。運営は後楽本舗(新宿区)。

「後楽そば」外観

 同店はJR有楽町駅周辺で40年ほど営業していた老舗やきそば店。東京オリンピックに向けたJR耐震補強工事のため、2016年5月に一度閉店。その後、2年近くを経て五反田で営業を再開した。

[広告]

 場所は「立喰(たちぐい)ずし 都々井」跡。有楽町店の雰囲気を残し、外装や内装は移転前の趣を踏襲したという。移転前はニッポン放送関係者の来店が多かったことから、店内BGMはニッポン放送を流している。店舗面積は約14坪。立ち食いスタイルで、収容人数は20人ほど。

 店長を務める夏目典孝さんは、移転の経緯を「有楽町で物件を探していたが、ちょうど良い場所が見つからなかった。JRから紹介された物件の1つがここだった。駅に近いという立地の良さもあって選んだ」と話す。

 目玉メニューは、自社で製麺した「やきそば」(並=400円、大盛り=500円)。調理は有楽町店で店長を務めていた服部敏昭さんが担当する。

 フードメニューは、「コロッケそば・うどん」(380円)、「天玉そば・うどん」(490円)、「肉そば・うどん(牛肉)」(550円)などを用意する。幅広いニーズへの対応を目指し、「ミニカレーライスセット」(700円)、「ミニかつ丼セット」(700円)など、焼きそばとのセットメニューも新たに用意する。焼きそば、カツ丼、揚げ物はテークアウトに対応する。

 ドリンクメニューは、「ビール」「ハイボール」「レモンサワー」「ウーロンハイ」「緑茶ハイ」(以上、380円、月曜から土曜の11~14時は販売なし)など。

 服部さんは「移転してから、有楽町店の時のお客さんがたくさん来てくれた」とほほ笑む。夏目さんは「サラリーマンの方など忙しい方がサッと来て、サッと食べられるお店。焼きそばが食べたくなったらぜひ来てほしい。五反田はまだ来たばかりだが、ここで頑張っていきたい」と話す。

 営業時間は6時~24時(日曜・祝日は23時まで)。