暮らす・働く

コミュニティーFM「エフエムしながわ」開局 周波数は88.9、初日は公開生放送も

代表の大木晋さん(左)とメディア・企画部部長の高橋敏志さん

代表の大木晋さん(左)とメディア・企画部部長の高橋敏志さん

  •  
  •  

 品川区のコミュニティーFM局「エフエムしながわ」(品川区戸越1、TEL 03-6367-5289)が6月1日に開局する。周波数は88.9メガヘルツ。

6月1日の開局日に公開生放送が行われる「しなココ戸越銀座」外観

 コミュニティー放送とは、超短波放送用の周波数を使うラジオ放送。「エフエムしながわ」は都内のコミュニティー放送で15局目。放送対象エリアは品川区と大田区で、世帯数は品川区が13万2086世帯、大田区が2720世帯。

[広告]

 収録や放送は「ケーブルテレビ品川」(同)のスタジオで行う。同社と「エフエムしながわ」代表を兼任する大木晋さんは、開局の経緯について「以前より品川区からの熱望があった。ケーブルテレビで培ったノウハウを生かし、ラジオではより速報性の高い情報をきめ細かく伝える」と説明する。

 放送内容は、区内のニュースや防災情報、イベント情報、音楽など。防災行政無線の聞こえづらさの対策として、災害時は緊急割り込み放送も想定する。

 情報番組「ほっとラジオしながわ」では、品川区からのニュースのほか、区内に伝わる昔話の朗読などを放送する。日替わりのレギュラーゲストとして、「品川音頭2017」を歌う演歌歌手・岩本公水さんなどが出演予定。放送時間は、平日=11時~11時30分(再放送=22時~22時30分)。

 そのほか、横浜市青葉区の「FM Salus(サルース)」の番組を一部放送する。ラインアップは、俳優の秋本奈緒美さんなどが日替わりでパーソナリティーを務める音楽番組「SALUS all in one」や、宝塚歌劇団出身の遥奈瞳さんによるアニメ番組「遥奈瞳のアニメわんだーらんど~ひとみっくラボ~」、鉄道専門番組「TRAIN-TRAIN」など。

 開局初日は、12時から2部制の特別番組を放送。第2部は公開生放送として、濱野健区長が出演するほか、大崎駅前や戸越銀座商店街からのインタビューを中継する。会場は、戸越銀座商店街にある「しなココ戸越銀座」(平塚2)。第1部=12時~13時、第2部=13時~15時30分。

 「皆さんに愛される区民参加型の番組を作りたい」と大木さん。メディア・企画部部長の高橋敏志さんは「品川グルメの紹介や区出身のアーティストが登場する音楽番組なども企画できれば。区民の方も知らないようなローカルネタを取り入れつつ、責任ある情報発信を心掛けたい」と意気込む。

 放送時間は24時間。JCBAインターネットサイマルラジオでも配信する。

  • はてなブックマークに追加