3密を避けて新しい生活様式へ!

高輪台に「ムーリー亭」-カキのダシから作るラーメンを提供

オーナーの石橋さんは、「今後、卓上の無料トッピングとして辛味もやしなどの野菜3種ほどを用意したい。現在、ランチに限りハーフライスを無料で提供している」と話す。

オーナーの石橋さんは、「今後、卓上の無料トッピングとして辛味もやしなどの野菜3種ほどを用意したい。現在、ランチに限りハーフライスを無料で提供している」と話す。

  • 0

  •  

 都営浅草線・高輪台駅のほど近くに10月1日、ラーメン店「ムーリー亭」(港区白金台2、TEL 03-5422-8590)がオープンした。

ラーメン店「ムーリー亭」の内観

 同店の売りは、カキからダシをとった「ムーリー麺」。オーナーの石橋広作さんが考案したオリジナルラーメンで、2002年から経営しているダイニングバー「礼三」(港区)の人気メニューだった。「礼三」の常連客だった探偵会社ツイセン(新宿区)の丸田社長と取締役の宮原さんが気に入り、3人の共同出資で出店するに至った。店舗面積は、1階=7坪、地下1階=7坪、席数は20席。「ムーリー」は「牡蠣(カキ)」を中国読みしたものだという。

[広告]

 「ムーリー麺」(700円)は、カキ、鶏肉、魚介、野菜など10種以上の食材からダシをとったあっさり系のスープ。「骨などのガラを一切使っていないので、見た目よりもあっさりしている。カキが苦手な人でも食べられる、ほどよい風味が特徴」と石橋さん。このほか「限定塩ラーメン」(700円)、「ムーリーハーフ」(400円)、「塩ハーフ」(400円)なども提供する。

 夜は居酒屋感覚のラーメン店として営業。夜限定のメニューで「スペアリブ」(500円)、「トリ空揚げ」(400円)、「さつま揚げ」(400円)などのつまみを11種類、「生ビール」(550円)、「ハイボール」(500円)、「自家製梅酒」(450円)など12種類のドリンクを用意する。

 石橋さんは、「オープン直後は慣れない部分もありバタバタしてしまった。真面目に取り組むことをモットーに、お客さまの信頼を得られれば」と話す。「11月中旬に入り落ち着いてきた」ため、今月16日~18日の3日間は「ムーリー麺」(ライス付き)を3日間限定300円で提供するという。

 営業時間は11時30分~14時30分、17時~22時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home