旧東海道品川宿エリアをユビキタス化-QRコードで街の情報を

旧東海道沿いの街路灯につけられたucodeプレート。右は品川宿のマスコットキャラクター「おしなちゃん」。

旧東海道沿いの街路灯につけられたucodeプレート。右は品川宿のマスコットキャラクター「おしなちゃん」。

  •  
  •  

 しながわ観光協会(品川区西品川1)は10月、まちづくり支援の一環として北品川(八ツ山)~鮫洲方面の旧東海道沿いの街路灯120カ所に「ucodeプレート」を設置した。

 ucodeプレート上のQRコードを携帯電話のバーコードリーダーなどで読み込むと、街のさまざまな情報を動画や音声などで閲覧することができる。小学生から高齢者までが利用できるよう、シンプルで見やすいものを目指したという。

[広告]

 開発を担ったのは、青物横丁商店街に事務所を構えるティエイディ(南品川3)。同社はIT事業を展開し、同種のQRコードを活用した情報配信の社内研究を行っている。2007年9月より「東海道五十三次 ~ユビキタス計画~」として、旧東海道品川宿エリアに「ucodeプレート」を設置し、情報配信を開始した。現在の配信は、史跡案内の情報やしながわ宿場まつりの広告、富くじ結果の速報などの情報に限られているが、今後も定期的に情報の更新を行う予定。

 同社の小島忠社長は「3年前に青物横丁に引っ越してきてから、品川の地域性に強くひかれた。業種こそ違うが、自分もほかの商店主と同じ街の一員。住民や観光客が欲しい情報を楽しく得られるシステムで街が活性化してくれれば。今後は、大型スーパーなどと協賛関係を結ぶなどして得た利益を街に還元していきたい」と話している。

ティエイディ

  • はてなブックマークに追加