天気予報

10

-1

みん経トピックス

白金にフレンチトーストの店ローソンの決算発表会

品川駅港南口にベトナム料理メーンの居酒屋「ビオラヴァン」-健康テーマに

  • 0
品川駅港南口にベトナム料理メーンの居酒屋「ビオラヴァン」-健康テーマに

店長の村上さん(右)とスタッフ

写真を拡大 地図を拡大

 品川駅港南口近くに3月30日、居酒屋「アジアベトナム料理 Bio la vang(ビオラヴァン)」(港区港南2、TEL 03-6433-0287)がオープンした。

店内の様子

 経営は同じく港南口近くのスペイン・イタリア料理店「ワイン&グリル トドス」(同)などの飲食店を展開するサンクスマインド(渋谷区)。同社7店舗目で新業態となるビオラヴァンは、トドズの運営メンバーが企画段階から担当した。「女性ひとりでも入りやすい店」「ワインを中心に幅広いドリンクを扱う」などに配慮し、「健康」をキーワードに据えた。

 コンセプトは「美食・美酒・美茶」。料理は、ヨーグルトベースのドレッシングで食べるゆで野菜の冷製サラダ「季節野菜のごろごろサラダ」(1,029円)、鶏肉を使用した「品川フォー」、オリジナルのたれに漬け込んだ豚ロースを香ばしく焼いた「豚ロースのせご飯(OPERA)」(以上1,260円)、ベトナム風お好み焼き「バインセオ」(714円)、沖縄のそーみんチャンプルーをイメージした「豚と苦瓜のビーフン」(998円)などをそろえる。

 ドリンクは「ルアモイ」「メコンウイスキー」(以上683円)、「ネプカム」(525円)、「ネプモイ」(630円)などのベトナムを含めたアジアの酒をそろえるほか、ベトナムのビール「バーバーバー」「サイゴン」(以上819円)、中国のビール「チンタオ」(787円)、シンガポールのビール「タイガー」(819円)なども。今後はハーブティーなどのお茶類も充実させる予定。14日からランチを開始する。客単価は昼=850円、夜=2,500円。

 席数は40席。27年間営業を続けたカフェ・レストラン「トラヤ」跡を居抜きで利用する同店。内装はスタッフが日々手を加えているという。「長年営業を続けてきたトラヤさんのように、品川のアットホームな店を作りたい」と村上信吾店長。今後については、「スタッフ全員で漢方や食材の知識を身に付け、接客しながら伝えていければ」とも。

 営業時間は11時30分~14時30分、17時~22時30分。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

荏原神社の神木でもあるカンヒザクラの様子(撮影:1月21日)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング