食べる

旗の台にばらちらしと丼の専門店-銀座のすし職人が独立

女性が1人でも入りやすいよう、白と木目を基調にした内装にした

女性が1人でも入りやすいよう、白と木目を基調にした内装にした

  •  
  •  

 旗の台の仲原街道沿いに5月22日、ばらちらしと丼の専門店「鮨丼 志道」(品川区旗の台2、TEL 03-3788-3122)がオープンした。店舗面積は18坪、席数は18席。

外観

 店主の浜崎祐一さんは、銀座の「鮨處おざわ」(中央区)に約18年間勤務。支店長を5年ほど務めた。独立の理由を「銀座で、おいしいものをたくさん知っている人を相手にすしを握ってきた。しかし、自分はもともと庶民の出(笑)。限られた人だけじゃなく、安くておいしいものをいろんな人に味わってもらいたい」と話す。

[広告]

 メニューは「ばらちらし」、「鉄火丼」、「北海ちらし」(以上840円)、「イクラ醤油漬丼」(1,260円)、「サーモン親子丼」(950円)、「バクダン丼」(950円)など。ほとんどが持ち帰りもでき、パーティー用の「ばらちらし(3人前)」(2,450円)なども提供する。

 魚介類は浜崎さんが築地で仕入れ、ガリやシャリ酢は「鮨處おざわ」と同じものを使っているという。「20年以上修業を積んだすし職人が作るちらしと丼。調理されたものを仕入れているわけではなく、店できちっと丁寧に仕込みをしているので、同価格帯の他店と差を付けられるはず」と浜崎さん。「銀座にすしを食べに行くとなるとどうしても構えてしまうが、ここは旗の台のすし丼屋。気軽に来店してもらえれば」とも。

 営業時間は、11時30分~15時、17時~22時。

  • はてなブックマークに追加