食べる

下神明にダイニングバー「Rabbit Pit」-テニスのインストラクターが出店

店主の山口さん

店主の山口さん

  •  
  •  

 下神明駅近くに昨年12月5日、ダイニングバー「Rabbit Pit(ラビットピット)」(品川区二葉1、TEL 03-6426-8612)がオープンした。店舗面積は20坪、席数は30席。

「ラビットピット」の店内

 店主の山口彰さんはかつて中野でダイニングバーを経営していたが、2005年に知人に譲渡。その後は長年の経験を生かし、テニスのインストラクターに転職。現在も阪急大井町テニススクール(品川区大井1)で講師を勤めている。「いつかは店舗経営に再チャレンジしたいと思っていた。テニススクールにも近いことから下神明に出店した」と山口さん。

[広告]

 店名は、山口さんの好きなワイン「ラビットリッジ」が由来。「ウサギは寂しいと死んでしまう。『みんなが集まり、にぎやかな場所』になってほしいという意味も込めている」(山口さん)。

 メニューは「野菜好きのためのサラダ 秘伝ドレッシング」(Mサイズ650円、Lサイズ850円)や「市場直送 新鮮野菜のバーニャカウダ」(880円)、「海老(ソフトシェル)のアヒージョ」(850円)、「どかっとムール貝の白ワイン蒸し」(レギュラー880円、ダブル1,480円)、「カリカリじゃこと大葉のペペロンチーノ」(680円)、「カマンベールチーズのとろけるミニピザ」(580円)など。

 アルコールは「ワイン(赤、白)」(グラス450円~、ボトル2,800円~)や「ドラフトギネス サージャー」(650円)、「ヒューガルデンホワイト」(750円)、「元祖フレッシュキウイサワー」(550円)、各種カクテル(600円均一)などを用意する。

 オープン後の反応について、山口さんは「テニス仲間や近所に住む人が中心に来店してくれている。20年、30年と長く愛される店になれれば」と話す。

 営業時間は18時~翌2時。

  • はてなブックマークに追加