天気予報

10

-1

みん経トピックス

五反田桜小路にワイン酒場アトレ大井町開業20周年

大井町に「鉄板酒房 ふわり」-アットホームな雰囲気作りに注力

  • 0
大井町に「鉄板酒房 ふわり」-アットホームな雰囲気作りに注力

ゼネラルマネジャーの田中さん(写真中央)とスタッフ

写真を拡大 地図を拡大

 大井町エリア・大井三ツ又交差点近くのひろせビル(品川区大井4)地下1階に、「鉄板酒房 ふわり」(TEL 03-6417-1925)がオープンして2カ月半がたった。店舗面積は20坪で、席数は38席。経営は風和里フード(同上)。

「鉄板酒房 ふわり」の店内

 ゼネラルマネジャーの田中智文さんは、「近隣には鉄板焼きの店が少ないので、ニーズがあると考えた。オーナーが大阪出身なので鉄板焼きになじみがあった」と出店のきっかけについて話す。

 客層はサラリーマンや家族連れ、女性の団体客などが中心。「20代~40代の客層を予想していたが、70代のお客さんにも来店していただき、驚いている」(田中さん)とオープン後の反響を振り返る。

 店内は木目調の内装と暖色系のライトで、「アットホーム」な雰囲気を演出。カウンター席は客と店員との仕切りをなくすことで、会話を楽しめるようにした。「調理時の様子を見るため、自らカウンター席を希望するお客さんもいる」と田中さん。

 メニューは「お好み焼き」(787円~)や「特選ステーキ」(1,869円)、「特選ハラミステーキ」(819円)、「エビ塩焼き」(766円)、「アスパラ豚巻き」(609円)、「あすかさんの煮豚」(714円)など。

 アルコールは、生ビール(ジョッキ504円、グラス399円)や「ヘネシーハイボール」(609円)、ワイン(グラス504円~、ボトル2,100円~)、シャンパン(3,150円~)などを取りそろえる。

 今後について、「春には『ロゼ・シャンパン』など、その季節を連想させるものや食材を提供していく」と田中さん。「鉄板焼きにこだわらず、違う業態にも挑戦していきたい」とも。

 営業時間は17時~23時。日曜・祝日定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

荏原神社の神木でもあるカンヒザクラの様子(撮影:1月21日)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング