食べる

アトレ品川にHUGE経営のメキシコ料理店-巨大オープンテラス席も

「el caliente -modern mexicano-」のテラス席

「el caliente -modern mexicano-」のテラス席

  • 0

  •  

 アトレ品川(港区港南2)4階に4月29日、メキシコ料理店「el caliente -modern mexicano-(エル カリエンテ モダン メキシカーノ)」(TEL 03-5495-7261)がオープンした。店舗面積は52坪、席数は130席。

「el caliente -modern mexicano-」の店内

 経営は、飲食店の経営やコンサルティングを手掛けるHUGE(目黒区)。同社企画統括マネジャーの神山満さんは、「品川駅の魅力は通行人の多さ。駅に直結するアトレなら多くの集客が見込めると思い、出店に至った」と話す。「外国人のビジネスパーソンが多いのに、気軽に集まれる店が少ないと感じた。アメリカでポピュラーに食べられるメキシコ料理店のニーズを期待した」という。

[広告]

 店内には、バーラウンジやメーンダイニングのほか、巨大オープンテラスを設置。テラスにはカウンター席やテーブル席、ソファ席を用意して、開放的な空間を演出している。「仕事の合間などリフレッシュしてもらえれば」と神山さん。

 メキシコ料理中心のメニューは「マンハッタンクラムチャウダー」や「マグロとアボカドのマリネ」「海老のアヒージョ」など、前菜は全て500円で提供する。ほか、「ワカモレ・フレスコ」(M=900円、L=1,400円)や「タコス」(2ピース=250円)、「ファフィータ」(1,400円~)など。

 ドリンクは、「ハートランド・生」(500円)や「ヤルダビール」(1,000円)、各種モヒート(900円~)、「ミッチェラーダ」(700円)などを用意する。客単価はランチ=1,000円、ディナー=2,000円。

 「サラリーマンやOLを中心に、徐々に利用客が増えてきた」と神山さん。「ビール1杯だけでもいいので、立ち寄ってもらえれば」とも。

 営業時間は11時~24時。