食べる

品川・鮫洲に魚介メーンの居酒屋「まつり」-地元住民が脱サラ開業

店主の西村政樹さん(右)

店主の西村政樹さん(右)

  •  
  •  

 京急・鮫洲駅近くに「居酒屋まつり」(品川区東大井1、TEL 03-6433-2911)がオープンして約2カ月がたった。店舗面積は約9坪、席数は20席。
店主は西村政樹さん。勤めていた会社を早期退職し、夫婦で開業したという。現在は、息子が指導を受けていた地元の少年サッカーのコーチを含めた3人で運営する。

「祭り」を意識した店内

 開店の経緯について「長年暮らしたこの街で店を持ちたいと思った」と西村さん。「普段は静かな鮫洲商店街だが、祭りの時期になると街がとてもにぎやかになる。この店を中心に、商店街がいつもにぎわっていてほしいと思い、店名を『まつり』にした」とも。

[広告]

 メニューは毎朝築地で仕入れる魚介類が中心。「お刺身盛り合わせ」や「本まぐろの刺身」(以上980円)、「いわし丸干し(大羽)1尾」(120円)、「ほたるいか沖漬け」(480円)、「あなご天ぷら」(680円)、「豚タン串焼き」(120円)、「舞茸ホイル焼き」(480円)など。

 ドリンクは、「生ビール アサヒスーパードライ」やカクテル(以上500円)、サワー(350円)、日本酒(1合350円)、ソフトドリンク(200円)などを用意する。

 ランチメニューは限定10食の日替わり丼(500円)、魚料理の「A定食」(780円)、肉料理の「B定食」(680円)、刺身定食(800円)の4種を提供する。

 西村さんは「少しずつ周辺の人たちに知られてきた手応えがある。地元民に愛される地域に根差した店になれたら」と意気込む。

 営業時間は11時30分~14時、17時~24時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加