3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

西五反田の吉野家で新業態「吉呑み」-夜間に2階席で営業

吉野家西五反田一丁目店の外観

吉野家西五反田一丁目店の外観

  • 0

  •  

 西五反田1丁目交差点近くの「吉野家 西五反田一丁目店」(品川区西五反田1、TEL 03-3779-3116)の2階席に「吉呑(の)み」がオープンして約2カ月がたった。店舗面積は約22坪、席数は22席。経営は、「吉野家」や「はなまる」を全国に1500店舗以上展開する吉野家(北区)。

通常の店舗とは違い、喫煙室が設置されている

 吉呑みは、「『吉野家』でちょい飲み」をテーマに、駅に近い既存店舗の2階席で夜間にアルコールとおつまみメニューを提供する新業態。2014年7月現在、西五反田一丁目店、東京駅八重洲通店、JR神田駅店の3店舗で営業している。

[広告]

 「昼間には満席になる駅チカの店舗でも、夜間は2階席が埋まるほどの客入りがない。収益改善のため、新業態の営業を決めた」と同社広報担当者。「通常の店舗は全席禁煙。飲みの場では喫煙する人が多いため、喫煙室を設置している」とも。

 アルコールは、「生ビール」(310円)、「角ハイボール」「梅酒」「カシスソーダ」「カシスウーロン」(以上350円)、「ホッピーセット」(400円)などを提供する。ほか、「ウーロン茶」(120円)などのソフトドリンクも。

 フードは、「フライドポテト」(200円)や「牛皿(並)」(250円)、「まぐろ刺身」「焼きいか」(以上300円)、「牛すじ煮込み」「牛すい」「メンチカツ」(以上350円)など。「牛丼(並盛り)」(300円)や「牛ねぎ玉丼(並盛り)」(400円)など、吉野家のメニューも注文できる。

 オープン後の反応については、「近隣で働くビジネスパーソンを中心に、多くのお客さまが来店している。『いつも使っている店舗の2階席で入りやすい』と好評の声も頂いている」と話す。

 吉呑みの営業時間は17時30分~22時30分。土曜・日曜・祝日定休。西五反田一丁目店は24時間営業(月曜のみ2時~5時閉店)。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home