食べる

中央卸売市場で「東京食肉市場まつり」開催迫る-「佐賀牛」無料試食も

「東京食肉市場まつり2013」の様子 画像提供/スタジオアトム

「東京食肉市場まつり2013」の様子 画像提供/スタジオアトム

  • 0

  •  

東京都中央卸売市場(港区港南2)で10月18日・19日、「東京食肉市場まつり2014」が開催される。主催は一般社団法人東京食肉市場協会。

今年で33回目を迎えた同イベントは、「ブランド和牛は、おいしくて安心」というイメージの確立を目的に、年に一度だけ食肉市場を一般開放する「お肉のフェスティバル」。国内産牛肉や豚肉の無料試食が行われる。

[広告]

今年の推薦銘柄牛は「佐賀牛」。今年で誕生30周年を迎え、「艶さし」と呼ばれるきめ細かな霜降り肉が特徴だという。

イベントの目玉となる無料試食コーナーでは「佐賀牛のしゃぶしゃぶ」を約3200人分や「モツ煮込み」を約6000人分、「銘柄豚のとんかつ・焼肉」を約5000人分用意する。試食時間は両日とも10時30分~(品切れ次第終了)。そのほか、国内産牛肉・豚肉と食肉加工品を特別価格で販売する。

佐賀のゆるキャラたちが登場し、撮影会やじゃんけん大会で来場者と交流する企画も。ほか、シンガーソングライターの香蓮(お肉応援隊)さんによるミニライブや「烈車戦隊トッキュウジャー」ショー、クイズ「ミート・ザ・Q」といったステージイベントを実施する。

同実行委員会事務局の並木健司さんは「恵まれた自然環境で育った、甘くてきめ細かい脂肪が特徴の佐賀牛を堪能していただきたい。各種イベントで、お子さん連れの家族にも楽しんでいただければ」と来場を呼び掛ける。

開催時間は10時~16時(19日は15時まで)。