天気予報

25

11

みん経トピックス

大井町の焼鳥店が2度の移転戸越公園にブックカフェ新店

五反田に「ジンギスカン羊一」 オーストラリア産の子羊を厳選

 五反田駅近くの目黒川沿いに11月11日、ジンギスカン専門店「ジンギスカン羊一五反田西口店」(品川区西五反田1、TEL 03-6303-9629)がオープンした。運営はビアジェ(渋谷区)。

「ジンギスカン羊一五反田西口店」の外観

 2016年6月に渋谷店をオープンした同ブランド2号店。目黒川沿いのマンション「秀和五反田駅前レジデンス」2階に位置し、屋形船をイメージした個室も用意する。店舗面積は約26坪、席数は52席。

 ゼネラルマネジャーの佐々木紀人さんは北海道出身。出店の経緯について「北海道民にとってジンギスカンは家庭で食べたり、飲み会の締めに味わったりと、身近な存在。東京でも展開していきたいと考えていた。ビジネスマンが多い五反田は、1号店(渋谷区)出店時も候補地の一つだったので、出店できてうれしい」と話す。

 ジンギスカンメニューは「ジンギスカンセット1人前(肉+玉ネギ)」(980円)の1種類。追加メニューとして、「追加お肉1人前(塩)」、ホイル焼きの「追加お肉1人前(味噌)」(以上880円)、追加野菜のモヤシ、玉ネギ、長ネギ(以上280円)、パクチー(380円)を提供する。

 そのほか、「山わさびご飯」(320円)や「山わさび茶漬け」(420円)、「仔羊(こひつじ)肩肉のパクチー塩スープ」(520円)、「白菜キムチ」「麹キャベツ」「冷やしトマト」(以上380円)なども用意する。

 ドリンクメニューは、「サッポロ黒ラベルジョッキ」や「羊ハイボール」(以上480円)、酎ハイ各種(380円~)、焼酎各種(480円~)など。客単価は3,500円以内(価格は全て税別)。

 「ジンギスカンメニューが少ないのは、専門店ならでは味のこだわりがあるから。オーストラリア・ヴィクトリア地方を中心に、生後1年未満で20~26キロの肉付きが良い子羊の枝肉を仕入れている。羊ならではの濃い味を楽しんでいただきたい」と佐々木さん。「五反田という街との共存も大切にしている。2、3次会でのご利用も大歓迎。食べたいメニューをさっと召し上がっていただければ」とほほ笑む。

 営業時間は16時~23時30分。日曜定休。

グローバルフォトニュース