風船にひっつく深海魚「フウセンウオ」人気に-品川アクアスタジアム

風船にひっつくフウセンウオもいれば、ふわふわと泳ぎ回るフウセンウオも。

風船にひっつくフウセンウオもいれば、ふわふわと泳ぎ回るフウセンウオも。

  •  
  •  

 エプソン品川アクアスタジアム(港区高輪4)で6月7日から公開されている、風船にひっつく魚たちをディスプレーした水槽「ふうせんだもの」が人気を博している。この展示は、風船を飾った水槽にダンゴウオの仲間である「フウセンウオ」を泳がせたもの。

 フウセンウオは、オホーツク海に生息する深海魚。風船のようなまん丸とした体型で、体長は3~13センチほど。腹部の吸盤を使って岩陰などにはり付いて外敵から身を守る。

[広告]

 今回の展示は、花見の季節に合わせて展示された「花よりナメダンゴ」に続く新企画。品川プリンスホテル企画広報担当の杉田理絵さんは「前回好評だったナメダンゴから、同じ仲間のフウセンウオの水槽を企画した。お客様からは『癒やされる』『かわいい』などの感想をいただいている」と話す。

 営業時間は、平日=12時~22時、土曜=10時~22時、日曜・祝日=10時~21時

水族館で「魚が花見」?-桜を飾った水槽に「ナメダンゴ」(品川経済新聞)エプソン品川アクアスタジアム3周年-入場料500円に(品川経済新聞)「跳べないイルカ」のショー-20日からGyaOの番組もスタート(品川経済新聞)20種類の魚たちが祝福-品プリで水族館結婚式(品川経済新聞)エプソン品川アクアスタジアム

  • はてなブックマークに追加