見る・遊ぶ

日本酒イベント「ジョイ・オブ・サケ」10年目の開催へ 昨年は1000人来場

昨年の「JOY OF SAKE」の様子

昨年の「JOY OF SAKE」の様子

  •  
  •  

 「全米日本酒歓評会」に出品された日本酒を楽しめるイベント「JOY OF SAKE(ジョイ・オブ・サケ)」が11月6日、五反田TOCビル(品川区西五反田7)13階の特別ホールで開催される。主催はNPO法人ジョイ・オブ・サケ。

「ジョイ・オブ・サケ」の昨年の会場風景。約1000人が来場した

 同イベントは米ハワイ州で2001(平成13)年に始まった「全米日本酒歓評会」の利き酒イベント。毎年日本や米国で開催しており、今年はニューヨーク、ホノルル、東京の3都市で行う。東京での開催は2010(平成22)年から始まり、今年で10年目を迎える。

[広告]

 「全米日本酒歓評会」の目的は、日本酒文化を海外で広めること。今年6月に米ハワイ州で行われた歓評会では、日本のほかアメリカとメキシコから512銘柄が出品された。その中から大吟醸A部門(精米歩合40%以下)では「大吟醸 山田錦 桃川」、大吟醸B部門(精米歩合50%以下)では「作 雅乃智中取り」、吟醸部門では「作 雅乃智」、純米部門では「背振湧水」がグランプリを受賞した。

 イベントでは512銘柄の日本酒を利き酒できる。そのほか「重慶飯店」(神奈川県)などの15店舗が日本酒に合うアペタイザー(前菜)を提供する。

 事務局の担当者の発表によると、昨年は約1000人が来場。「毎年、30代から50代を中心とする幅広い年齢層に楽しんでいただいている」と話す。「全ての日本酒に個々の良さがあるので、一押しの日本酒を限定することはできない。利き酒できる種類が多く、アペタイザーが素晴らしいと好評」とも。

 開催時間は18時~21時。入場料は事前購入=8,500円、当日購入=9,500円。入場料には、全ての日本酒の試飲料と各店舗1皿ずつのアペタイザーチケットが含まれる。

  • はてなブックマークに追加