目黒に素材にこだわる和風居酒屋「ふきだまり」-新潟の地酒そろえる

大きなのれん看板が目印。

大きなのれん看板が目印。

  •  
  •  

 目黒駅西口近くに6月、和風居酒屋「旬味処ふきだまり」(品川区上大崎2、TEL 03-6321-1858)がオープンした。

 店舗面積は10坪で、席数は12席(カウンター=4席、テーブル=8席)。店内はレトロな木造でゆったりと落ち着いて食事ができるよう席を広めに取っている。夜は照明を落とし、昼とは違った雰囲気を演出する。

[広告]

 シンプルな味付けを楽しんでもらうため、料理・飲料水は鹿児島県霧島の天然岩清水、米は産地直送の新潟県魚沼産コシヒカリ、圧搾湯洗い製法で作られた菜種油を使用し、素材にこだわった料理を提供する。

 料理長の山田亮伸さんの「お薦め」は「旬の天ぷら盛り合わせ」(1,200円)や「たこの唐揚げ」(720円)などの揚げ物で、「油の違いを実感してほしい」(同)。そのほか「お造り盛り合わせ3点盛り」(1,800円)や銀だらの味噌焼き(880円)など、旬の鮮魚を使ったメニューなどをそろえる。

 ドリンクは、新潟の地酒と焼酎を中心に30種類ほど。「緑川 本醸造」(700円)や「鶴齢 大吟醸」(1,200円)などの珍しい銘柄も。平均客単価は4,000円~5,000円。

 ランチタイムは「旬の天ぷら定食」(1,000円)や「冷やし豚しゃぶ定食」(900円)など、定食4種類を提供する。

 山田さんは「ランチタイムに来店したお客様が仕事帰りに飲みに来るような店舗にしたい。素材の味を生かしたシンプルな味付けで、季節感のある料理を提供できれば」と話す。

 営業時間は、昼=11時30分~14時、夜=17時~23時。

田町に鶏料理がメーンの居酒屋「てけてけ」(品川経済新聞)目黒駅前に老舗の郷土料理「九州藩」(品川経済新聞)「居酒屋いとい」が石山に2号店-滋賀の地酒にこだわり(びわ湖大津経済新聞)

  • はてなブックマークに追加