等身大ガンダム立像公開初日-開場前に計2,500人の行列も

  • 0

  •  

 潮風公園(品川区東八潮1・2)で7月11日、「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」が初日を迎え、多くの見物客でにぎわった。

品川の空を見上げるガンダム

 10時の一般公開時間の前にできた行列はおよそ1,500人。1番前に並んでいた32歳の男性3人組は「昨晩22時に車で仙台を出発。今朝6時くらいから並び始めた。この日を30年間待っていた」と話す。

[広告]

 同プロジェクトの目玉は、等身大のガンダム立像。会場では同立像の下をくぐることができる。見学を終えた前述の男性3人組みは、「もっと作りものっぽいと思ったが、細部までこだわっていてすごい」と感動。同立像の隣に並べてみたい等身大モビルスーツは「ガンダムの白に対して赤い彗星のシャア専用ザク」。

 同会場では、会場限定のオリジナルプラモデル(1,500円)、「機動戦士ガンダム」の放映30周年を記念して作成された「公式パンフレット」(2,500円)、Tシャツ(2,500円)、クリアファイル(300円)などのオリジナルグッズを販売。10時前、オフィシャルグッズの待機列には約1,000人が並んでいたという。

 こちらの先頭は、昨晩22時から並んでいた親子。等身大ガンダムを前に「しびれる」と一言。このほか、シャアのコスプレ男性がガンダムのテーマ曲「飛べ!ガンダム」を弾き語りする場面も。

 11時、ガンダムの首が左右に動きミスト噴射が始まると、一斉にデジタルカメラや携帯カメラなどを向ける見物客たち。最後に上を向くと「おぉ~」と歓声があがり、拍手が起こった。

 開催時間は10時~22時。入場無料。8月31日まで。

  • はてなブックマークに追加