武蔵小山の焼きそば専門店が豚骨ラーメンを提供-3時間で100杯完売

「スープにはしっかりと味をつけているので、博多ラーメンのように替え玉をして楽しんでもらいたい。1杯目は普通に、2杯目は好きな調味料を入れて楽しめるように、卓上にはゴマ、辛子高菜、紅ショウガ、コショウ、七味を用意している」(川上さん)。

「スープにはしっかりと味をつけているので、博多ラーメンのように替え玉をして楽しんでもらいたい。1杯目は普通に、2杯目は好きな調味料を入れて楽しめるように、卓上にはゴマ、辛子高菜、紅ショウガ、コショウ、七味を用意している」(川上さん)。

  • 0

  •  

 武蔵小山の豚骨焼きそば専門店「じゅうはち」(品川区小山4、TEL 03‐3783‐5400)は8月25日より、豚骨ラーメンの提供を始めた。

豚骨焼きそば専門店「じゅうはち」の外観

 同店の看板メニュー「トンコツ焼きそば」はメディアにも取り上げられ、豚骨のうま味でまろやかに仕上げるのが特徴。メニューは「元祖 トンコツ焼きそば」(700円~)のほか、甘辛く煮込んだ牛スジとコンニャクの「ぼっかけトンコツ焼きそば」(900円)、ソース焼きそばの上に卵焼きを乗せた「オムソバ」(750円)などを用意し、テークアウトも可能。店舗面積は10坪で、席数はカウンター=6席、テーブル=8席。

[広告]

 豚骨ラーメンを提供するのは21時から24時までの3時間。「販売開始の25日・26日は連日100杯を完売した」と話すオーナーの川上浩司さん。メニューは、「トンコツ麺」(600円)、「ミニチャーシュー丼」(350円)、トッピングの味付き卵「味玉」(100円)、麺のおかわり「替え玉(辛みそ&ねぎのせ)」(150円)など。麺は、豚骨ラーメンの本場である博多直送の極細麺を使用している。

 川上さんの前職は営業職で、外回りをしながら豚骨ラーメンを食べ歩き、3年間独学で焼きそばを研究。今年1月に同店をオープンした。

 ラーメンメニューの追加について、川上さんは「『トンコツ焼きそば』の構想段階から『トンコツラーメン』についても味を模索していた。長年研究した結果、こってりしたスープが苦手な方にも楽しんでいただける、あっさり風味のトンコツラーメンが完成した」と話す。「焼きそば専門店が作った『特製トンコツラーメン』をぜひ食べに来てほしい。東京の武蔵小山で本場博多にも負けないラーメンを作りたい」とも。

 営業時間は、平日=11時30分~23時。豚骨ラーメンの提供時間=18時~(スープがなくなり次第終了)。土曜、日曜、祝日=11時30分~21時。

  • はてなブックマークに追加