品川駅や目黒駅のJR・私鉄乗り換え口が一時閉鎖-計画停電の影響で

白金台駅近くの目黒通りの様子(9:30ごろ撮影)。平日の同時間帯、白金交差点近くの人通りはまばらだが、この日は人通りが絶えなかった。

白金台駅近くの目黒通りの様子(9:30ごろ撮影)。平日の同時間帯、白金交差点近くの人通りはまばらだが、この日は人通りが絶えなかった。

  •  
  •  

 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響を受け、14日朝から広域品川圏の各交通拠点で混乱が生じた。

 JR・京急品川駅では、JRと京急を結ぶ連絡口を一時閉鎖。混雑緩和のため、切符、定期券を通さなくてもそれぞれの改札口から出入りできる措置が取られた。

[広告]

 同様に14日朝からJR目黒駅と東急目黒駅・東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線を結ぶ地下乗換え口も一時閉鎖。この影響で、駅周辺の通路は利用客が殺到するなど混雑した。

 東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線の白金台駅は、朝から閉鎖。東急目黒線との相互乗り入れは行われず、同路線は白金高輪駅までで折り返し、東急目黒線は目黒駅までの運行となっている。

  • はてなブックマークに追加