武蔵小山に「鉄板&網焼きダイニング 黒之助」-テラサイズのドリンクも

特大ジョッキとキンキンに冷やした中ジョッキを持つ太田店長。イタリア料理店で修行した経験を持ち、その後飲食店の経営を学んでいたという

特大ジョッキとキンキンに冷やした中ジョッキを持つ太田店長。イタリア料理店で修行した経験を持ち、その後飲食店の経営を学んでいたという

  •  

 武蔵小山の居酒屋「鉄板&網焼きダイニング 黒之助」(品川区小山4、TEL 03-3785-7283)がオープンして約2カ月が過ぎた。

「鉄板&網焼きダイニング 黒之助」の外観

 出店場所は、豚骨焼きそば専門店「じゅうはち」跡。店舗面積は10坪。席数は15席。「屋台風居酒屋」をコンセプトに、鉄板&網焼きの料理を提供。武蔵小山の地元住民をターゲットに据える。オープン後の様子について、店長の太田博之さんは「実際に来店するお客さまは女性が多い。黒を基調としたモダンな内装なので、入りやすいのかもしれない」と話す。

[広告]

 主なメニューは、日によって入荷量が変わる「特上レバー焼き」、一手間を加えたという「ジャガバター」(以上500円)、特注の極太麺を使用した「鉄板焼きそば」(700円)、沼津産の干物「小アジ」「イルカ」「エイヒレ」「イカ一夜干し」(以上300円)など約40種類。一品料理は、ほとんどがテークアウトできる。

 ドリンクメニューは、生ビール(450円)、サワー各種、ソウルマッコ(以上390円)など。特大ジョッキの「大生ビール」「特大レモンサワー」「特大ウーロンハイ」(以上980円)、ジョッキ約7杯分に相当する「テラグレープフルーツサワー」「テラ緑茶ハイ」(以上2,500円)なども取りそろえる。

 今後の展望について、太田さんは「店員とお客さんが隔たりなくコミュニケーションできるような居酒屋にしたい。そのために、ユニークなドリンクメニューや安くておいしい一品料理を提供している。接客には自信があるので、一人でも気軽に立ち寄っていただければ」と意気込む。

 営業時間は17時~24時。木曜定休。