天気予報

26

14

みん経トピックス

五反田に「ゲンロンカフェ」目黒に鳥取産メーンの居酒屋

品川の新ご当地ヒーロー「クレイヴァルス」が地元のゆるキャラとツイッターで交流、話題に

品川の新ご当地ヒーロー「クレイヴァルス」が地元のゆるキャラとツイッターで交流、話題に

五反田で生まれたヒーロー「クレイヴァルス」

写真を拡大 地図を拡大

 品川区に新たな「ご当地ヒーロー」が誕生し、地元ゆるキャラとのツイッターでの会話に注目が集まっている。

五反田駅前で子供と対話するクレイヴァルス

 同区にはすでに多くのご当地キャラが存在し、「ゆるキャラグランプリ 2012」には7体ものユニットで参加するなど活動が盛ん。新たに五反田で生まれたヒーロー「クレイヴァルス」は、同ユニットの中心キャラクターである「大崎一番太郎」とツイッターで交流したことから注目を浴びた。一番太郎のツイッター上での発言の大半は、プログラムが自動的につぶやく「bot(ボット)」で、話し掛けられると必ず疑問で返答するシステム。

 クレイヴァルスは「『話す』ことこそが人間の最強の装備である」という理念を持ち、戦いでも対話を重視するキャラクター。ボットの一番太郎とも真剣に会話し、やりとりは何往復も続くことに。その様子を見たツイッターユーザーは、「クーちゃんがイッちゃんbotにマジレスしてておもしろいwwww」「クーちゃんがイッちゃんbotにきちんとお返事してて。。。w」(原文ママ)などと、クレイヴァルスの会話力をたたえている。

 クレイヴァルスのマネジメントに携わるSTUDIO RAYVERY(西五反田3)の角谷愛一郎さんは、「彼は悪を倒すだけのヒーローではなく、なぜその悪が生まれてしまったのかを考えるヒーロー。クレイヴァルスを通じて、話し合いの大切さを世の中に訴えていきたい」と話す。

 地域ポータルサイト「ゴタンダスタイル」を運営するエイ エイ オー エージェンシー(西五反田3)の鶴井正博さんは「クレイヴァルスを主人公に映画を撮影中。品川区で働く人や住民たち大勢の力で協力して作り上げている。地域を盛り上げたいという気持ちで撮影を進めているので、応援してもらえれば」と語る。現在、2月11日に行われる撮影のエキストラを募集しているという。

 映画は、ブディストホール(中央区)で2013年春に公開予定。品川区内での上映は「調整中」。

グローバルフォトニュース