食べる

エキュート品川サウスに新規2店-洋菓子「ベルン」エキナカ初出店

「ベルンのミルフィユ」。画像提供/JR東日本リテールネット

「ベルンのミルフィユ」。画像提供/JR東日本リテールネット

  • 0

  •  

 JR品川駅中央改札内のエキュート品川サウス(港区高輪3)に4月15日、洋菓子店「ベルン」(本社=目黒区)と「サンドイッチハウス メルヘン」(本社=八王子市)がオープンした。運営はJR東日本リテールネット(新宿区)。

「サンドイッチハウス メルヘン」のサンドイッチ

 同社デベロッパー営業部の川島義之さんは「『一品入魂』をコンセプトに、定番だけど素材などにこだわりのあるショップを考えた。エキナカは人が多く、さまざまな商品が生まれるが入れ替わりも早い。定評があって安心感のある商品をお客さまに提供したかった」と話す。ベルンはエキナカ初出店。

[広告]

 商品は、ベルンが「ベルンのミルフィユ」(3個=263円、8個693円、11個=1,050円、16個=1,575円)や「ベルンのジョリクール」(8個=788円、10個=1,050円、15個=1,575円)など。オープニング記念特典として「ベルンのご紹介セット」(1,000円、1日20セット限定、22日まで)を提供する。

 サンドイッチハウス メルヘンは、「いちご生クリーム」(315円)や「フルーツスペシャル」(357円)、「タマゴサンド」(294円)、「エビたっぷりカツサンド」(336円)などを用意。同特典としてオリジナルスープ(525円以上購入者対象、17日まで)を進呈するほか、同店限定商品として「トリュフのトマトモッツァレラ」(588円、1日30個限定)もそろえる。

 川島さんは「品川駅の利用者は情報感度が高く、高品質なものを求める人が多い。今後も本物志向の商品をラインナップしていければ」と意気込む。

 営業時間は8時~22時(日曜・祝日は21時まで)。