食べる

西小山に串焼きと創作料理の店「つなぎや」 店主は地元出身、ウナギ串も

店長の西嶋健太郎さん

店長の西嶋健太郎さん

  • 34

  •  

 串焼きと創作料理の店「つなぎや」(品川区小山6、TEL 03-4361-3067)が西小山駅近くにオープンして3カ月がたった。

「うなぎ(たれ)」

 場所は西小山弁天通り沿い、「業務スーパー 西小山店」向かい。店舗面積は約8坪、席数は23席。

[広告]

 店長の西嶋健太郎さんは2010(平成22)年に飲食業界に足を踏み入れ、食品会社や焼き鳥店、角打ち、居酒屋などで修業したという。開店の経緯について「自分で焼き鳥店を開くことを見据えて経験を積んできた。西小山は地元で、以前働いていた店がある武蔵小山や戸越銀座とも近く、なじみがある」と話す。

 フードメニューは鶏の正肉(180円)、つくね(250円)、「鶏串おまかせ5本」(850円)、豚のたん(150円)、はつ(120円)、「豚串おまかせ5本」(700円)などの串焼きがメイン。「あん肝ポン酢」(600円)、「里芋の煮揚げ」(500円)、「自家製炙(あぶ)りチャーシュー」(480円)などの一品料理、野菜串も用意する。

 そのほか「知人のつてで、質の高いものを安く仕入れることができる」という、浜名湖産のウナギの串焼きを提供する。「たれ」「白焼」(以上450円)のほか、数量限定の「うなぎのしっぽ」(600円)、かば焼き(1,000円~)など。岩手県水沢市(現奥州市)出身の祖母から伝わる、魚介だしと鶏だしにタケノコやかまぼこ、ギンナンなどの具を入れた雑煮(500円)も定番メニューに加えた。

 ドリンクメニューはビール大瓶(650円)や生ビール(480円)のほか、常時10種類程度の日本酒を取りそろえる。麦焼酎、芋焼酎(以上500円)、グラスワイン(赤・白=各480円)なども。客単価は2,000円~3,000円。

 「おひとりさまからファミリー、年配の人まで幅広い世代のお客さまを歓迎している。地元の人も引っ越してきた人もつながれる、楽しい場所であり続けたい」と西嶋さん。「料理はこだわりの食材を使い、おいしいものをなるべく安価で提供している。お客さまからも『焼き鳥が好きでいろんなお店を回ったが、ここは本当においしい』と好評で、いろんな人に食べてほしい」とほほ笑む。

 営業時間は月曜~土曜=17時~24時、日曜=14時~22時。水曜定休。