食べる

西五反田に「忠さん食堂」 現役ボクサーが勤務、減量食メニューも視野に

店長の山本祥吾さん(提供:忠さん食堂)

店長の山本祥吾さん(提供:忠さん食堂)

  • 456

  •  

 「忠さん食堂」(品川区西五反田2、TEL 03-4288-8467)が西五反田エリアにオープンして2カ月がたった。オーナーはワタナベボクシングジム(西五反田2)の小口忠寛トレーナ-。

「忠さん食堂」の店内(提供:忠さん食堂)

 同店は「忠さん劇場くいしん坊」(中延2)の2号店で、店名はオーナーである小口さんの名前から。コンセプトは、昼は「ガッツリ食べられる」、夜は「おしゃれにおいしく、楽しくお酒を飲める場所」。店舗面積は約4坪、席数はカウンターのみ9席。

[広告]

 店長の山本祥吾さんは元プロボクサーで、選手時代はアルバイトとして飲食業に携わっていたという。開店の経緯について「小口トレーナ-が現役選手、引退した選手のセカンドライフの応援をするために始めた。現役選手もアルバイトスタッフとして働いている」と話す。

 目玉メニューは、小口トレーナー秘伝のタレを使う信州名物「山賊焼き モモ」(850円)と、ワタナベボクシングジム所属でWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人さんや元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志さんも推すという「噂の劇マズカレー」(ランチ=700円、ディナー=小ライス500円、大ライス800円)。店長の山本さんがお薦めする低タンパク・低脂質な「鳥わさ」、「鳥ユッケ」(以上500円)のほか、「上赤み刺」(780円)などの馬刺し、「肉すいTKG」(800円)なども。ランチタイムは事前予約で各種弁当がテークアウトできる。

 ドリンクメニューは、「こだわり酒場のレモンサワー」(400円)、酎ハイ・ホッピー(400円~)、「生ビール(プレミアムモルツ)」、日本酒、グラスワイン(以上500円~)、各種ソフトドリンク(300円)をそろえる。昼飲み可。

 今後の展望について「西五反田店のオリジナルランチとして、ヘルシー志向な方に向けたボクサーの減量食を提供予定」と山本さん。「現役選手のスタッフは、この場所がファンを増やすきっかけにもなれば。特にディナータイムは、初来店のお客さんでもみんな仲良くできるような店にしたい」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~14時30分、17時~24時。日曜・祝日定休。新型コロナウイルス感染症対策として、ドアを開けての店内換気、各席に消毒液の設置、従業員のマスク着用、手洗い・うがいの徹底などを行う。