買う

五反田TOCにアクリルフォトの印刷サービス直営店 オフィス改装・併設で

「ten photo FLAME GALLERY STORE」店舗内(提供:ten photo FLAME GALLERY STORE)

「ten photo FLAME GALLERY STORE」店舗内(提供:ten photo FLAME GALLERY STORE)

  • 23

  •  

 フォトギフトサービス店「ten photo FLAME GALLERY STORE(テンフォト フレーム ギャラリーストア)」(品川区西五反田7、TEL 03-5747-9904)が西五反田のTOCビル内にオープンして3カ月がたった。デザイナーズプロダクト企画会社のイロハ・デザインコンセプト(目黒区)とインテリアデザインの企画・制作会社のZEN(品川区)による共同運営。

「ten photo FLAME GALLERY STORE」店舗外観(提供:ten photo FLAME GALLERY STORE)

 イロハ・デザインコンセプトのオフィスを一部改装した。同社は、スマートフォンやパソコン、カメラの画像を7センチ角のアクリルに印刷するオリジナルフォトインテリア「アクリルフォト」を販売する。これまではオンライン上のみで販売しており、実店舗のオープンは今回が初。店舗面積は約45平方メートル。

[広告]

 内装は、ブルックリンなどにある「倉庫を改築したギャラリー」をイメージしたという。社長の片桐英晃さんは「TOCビル5階は大規模な店舗がたくさんあるフロアなので、他店を参考に店舗併設型オフィスとして活用することを決めた。写真家の方々と知り合ったり個展を開いたりできるよう、ギャラリースペースとしての使用も想定する」と話す。

 持ち込んだ画像をアクリルフォト(350円)に印刷するサービスを提供する。プロのフォトグラファーが撮影した写真を印刷するアクリルフォト(500円)や専用フォトフレーム(2,400円~)、スマートフォンスタンド(1,500円)など。ネットショップでは取り扱いのない雑貨類も販売する。一番人気の商品は、フレームとアクリルフォト10枚のセット(7,800円)。

 アクリルフォト販売について、片桐さんは「最近では、スマートフォンの撮影機能が格段に向上したため、プロカメラマン顔負けの写真を撮る方々が非常に増えた。そのような写真をデータ保存しているだけではもったいないので、積極的にインテリアに取り入れてもらおう、と考えたのがきっかけ。アクリルへの印刷は、汚れに強く、高級感が出る」と説明する。

 オープン後の反応は、「誕生日や結婚記念日などのプレゼント用に、アクリルフォトを作られるお客さまが多い」と片桐さん。「皆さんが撮影した思い出の瞬間を、もっと気軽に形にできるサービスやグッズを展開していきたい」と意気込む。

 営業時間は11時~19時(土曜・日曜・祝日は18時まで)。月曜定休。新型コロナウイルス感染症対策として、消毒用アルコールを設置し、換気をして営業する。