暮らす・働く

武蔵小山で「ムサコのたけのこ祭り」 巨大鍋でタケノコ汁3000杯

小雨の降る中、巨大鍋でタケノコ汁を作る

小雨の降る中、巨大鍋でタケノコ汁を作る

  • 0

  •  

 武蔵小山駅前ロータリーで4月19日、第4回「ムサコたけのこ祭り」が開催された。

タケノコ汁を求め、1000人以上が列を成す

 同イベントは、武蔵小山商店街連合会が開催するムサコフェスの一環。武蔵小山駅のある荏原地区は、江戸時代にタケノコの産地として知られていたことに由来して、タケノコをテーマに町おこしを行っている。

[広告]

 来場者には、無料でタケノコ汁を配布。タケノコ、豚肉、ゴボウ、大根などの具材を直径2メートル、深さ1メートルの巨大鍋で煮込んだ。調理を担当したのは、武蔵小山出身で日本料理店「賛否両論」(渋谷区)のシェフ、笠原将弘さん。

 今年は約3000杯を用意。小雨が降る中、配布開始の12時の時点で約1000人が列を成した。

 「宣伝をしなくても口コミで評判が広がり、すっかり認知されたと感じている」と話すのは、ムサコフェス実行委員長の中村高一さん。「イベント関係者は武蔵小山が好きな人たちばかり。今後も武蔵小山愛にあふれるイベントとして続けていきたい」とも。

 会場内では、計8軒の屋台が並ぶ「ムサコマルシェ」を開催。ほか、小山台高校の学生らによるバンド演奏やダンスパフォーマンスなども行われた。