食べる

グランドプリンスホテル新高輪の和食店が改装 外国人客狙い串焼きカウンター新設

新設した串焼きカウンター

新設した串焼きカウンター

  •  
  •  

 品川駅前のグランドプリンスホテル新高輪(港区高輪3)内にある和食レストラン「清水」(TEL 03-3447-1139)が5月19日、リニューアルオープンした。席数は111席。

小懐石“ざくろ”(7,000円)

 改装のため、約2カ月間にわたって休業していた同店。以前は天ぷらやすしメニューを中心に提供していたが、新たに「串焼きカウンター」を新設して串焼きメニューを拡充。また、日本酒や焼酎を並べた「サービスカウンター」やテーブル席の仕切りなどを設置した。

[広告]

 同店マネジャーの平田国昭さんは、「改装の目的は、さらなる外国人観光客の誘致。より気軽に和食を楽しめるよう、串焼きメニューを追加したり、お客さまの用途に合わせてご利用いただけるよう席のバリエーションを増やしたりと、使い勝手の良さを重視した」と話す。

 ランチメニューは、先付けから甘味までを用意した「小懐石“ざくろ”」(7,000円)や季節の食材をふんだんに使用した「食彩弁当」(5,500円)、「親子丼御膳」(1,800円)などを用意。

 ディナーメニューは、串焼き5本と刺し身、煮物などを合わせた「串焼きセット」(3,500円)、和牛やキャビアなどを提供するコース料理「懐石 清水」(1万円)など。

 アルコールは「アサヒ スーパードライ」(950円)やシャンパン(2,200円)、赤ワイン(1,500円)、白ワイン(1,300円)、日本酒各種(900円~)などを用意する。

 「今まで、外国人のお客さまは利用客の2割程度。リニューアルを機に、5割まで増やしたい」と平田さん。「内装には赤色を使用し、スタイリッシュでエキサイティングな雰囲気を表現した。ぜひこの空間を楽しんでいただきたい」とも。

 営業時間は、7時~10時、11時30分~14時30分、17時~22時。

  • はてなブックマークに追加