3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

白金高輪に瓦そばメーンの居酒屋「ぶち」 下関出身の兄弟が出店

「ぶち」の外観

「ぶち」の外観

  • 0

  •  

 白金高輪駅近くに居酒屋「ぶち」(港区高輪1、TEL 080-9687-1415)がオープンして約2カ月がたった。店舗面積は10坪、席数は24席。

「ぶち」の店内

 経営は山口県下関市出身の江田良一さん、直樹さん兄弟。直樹さんは「下関の郷土料理である『瓦そば』を広めたいと考えた。飲んだ後の締めに食べてもらいたい」と話す。瓦そばは、熱した瓦の上にゆでた茶そばを乗せ、牛肉や錦糸卵と合わせて食べる料理。

[広告]

 白金高輪への出店については、「フレンチやイタリアンはあるが、和食を食べられる店が少ないため、差別化できると思った。しっかりとしたカウンターやテーブルが置かれた居抜き物件を見付けたので、ここに出店を決めた」という。

 メニューは、「瓦そば」(1,000円)のほか、「自家製ポテトサラダ」「山芋明太(めんたい)」「たくあんチーズ」(以上300円)や「下関ふぐの空揚げ」(3匹=580円、5匹=780円)、「大山地鶏の竜田揚げ」(680円)、「ガリシア豚の岩塩焼き」(980円)などを提供。

 ドリンクは、「濃厚生姜サワー」(450円)や「ザ プレミアム モルツ 香るプレミアム」「津軽りんご酒」(以上550円)、「響ハイボール」(580円)、「沖縄シークワーサービール」(600円)など。「海響」や「関娘復刻版」、「万葉寒梅 純米酒」(以上680円)など、下関酒造の日本酒を常時6種類そろえる。客単価は3,000~3,500円。

 オープン後の反応について、「開店当初は知り合いが来店することも多かったが、最近では地元住民を中心に来ていただいている」と江田さん。

 営業時間は、17時~24時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home