食べる

不動前駅近くに「中津からあげ 総本家もり山」 1970年創業の味を引き継ぐ2号店

店長の鈴木安博さん

店長の鈴木安博さん

  •  
  •  

 不動前駅近くに5月8日、「中津からあげ 総本家もり山 不動前店」(品川区西五反田5、TEL 03-6420-0399)がオープンした。

「中津からあげ 総本家もり山 不動前店」の外観

 同店は大分県中津市で1970(昭和45)年に創業した「中津からあげ 総本家もり山」の2号店。店内の待合スペースには6席を用意する。

[広告]

店長の鈴木安博さんは「本店と同じく、薄い衣で揚げたあっさり塩味の唐揚げが特徴。不動前駅の周りには会社や学校があり、住んでいる方方も多い。地元の老若男女に愛される店にしていきたい」と話す。

 唐揚げは「若鶏からあげ モモ肉」(100グラム=290円)や「若鶏からあげ ムネ肉」(同=260円)、「若鶏からあげ 手羽先」「若鶏からあげ 砂肝」(以上、同=270円)などを提供する。モモ肉、ムネ肉を各2個入れた「からあげ弁当」(500円)も用意。「弁当のご飯は米問屋の方に当店の唐揚げを食べてもらい、一番合うものを選んでもらった」と鈴木さん。

 オープン後の反響については、「不動前駅でポスターを掲示したりビラ配りをしたりするなど、地元の方に宣伝した甲斐もあって徐々に認知されてきた。中には2日に1回来店する方も」と話す。「いずれは世界に進出して、海外の方にも同店の唐揚げを楽しんでいただきたい。まずはこの店を軌道に乗せるため、積極的に従業員を増やす予定」とも。

 営業時間は11時~20時。

  • はてなブックマークに追加