食べる

武蔵小山のイタリア料理店がテレビ番組に登場 長友選手の「アモーレ」効果で

「ヴィネリア・アモーレ」の外観

「ヴィネリア・アモーレ」の外観

  • 0

  •  

 武蔵小山のイタリア料理店「VINERIA+amore.(ヴィネリア・アモーレ)」(品川区荏原3、TEL 03-6421-6678)は、セリエAのインテル所属でサッカー日本代表の長友佑都選手が発言した「アモーレ」の影響でテレビ番組に出演した。

店内の様子

 長友選手は6月2日、女優の平愛梨さんとの真剣交際を発表。その際、イタリア語で「愛する人」を意味する「アモーレ」と表現したことが発端となり、「アモーレ」という言葉が急速に世間に浸透した。

[広告]

 同店は2014年3月にオープン。店主の小林正典さんは、1年間イタリアに住んだ経験を持つ。店名の由来について、小林さんは「愛を込めて料理を作っているので『アモーレ』という言葉を使いたかった」と話す。

 この店名がきっかけで、ニュース番組「めざましテレビ」や「ノンストップ!NONSTOP!」の6月6日放送回に出演。収録当日は常連客などに声を掛け、番組を盛り上げたという。

 「この約2年間で多くの常連のお客さまに恵まれた。今回の『アモーレ効果』は何よりお客さまたちが喜んでくれて、さらに距離が縮まったと感じている。そんな人たちが僕にとっての『アモーレ』だと思う」と小林さん。

 今後の展望について、「特に大きな変化は期待していない。少しでも、新たにこの店を知ってくれた人がいたら足を運んでいただき、イタリア産の食材にこだわった生パスタやピザを楽しんでほしい」と話す。「イタリアに住んでいた影響で、『アモーレ』は僕自身も日常的に使用するし、すてきな言葉だと思う。長友選手が発言して、言葉の認知度が上がることはありがたい」とほほ笑む。

 営業時間は11時30分~14時30分、18時~翌1時。

  • はてなブックマークに追加