暮らす・働く

大崎で「しながわ夢さん橋 2016」 ゆるキャラ対抗スポーツ大会も

昨年の「ご当地キャラスポーツ大会」の記念撮影の様子

昨年の「ご当地キャラスポーツ大会」の記念撮影の様子

  •  
  •  

 大崎駅周辺で10月8日~10日、「第29回 しながわ夢さん橋 2016」が開かれる。主催は大崎駅西口商店会。

 大崎駅南改札前の夢さん橋を中心にさまざまな催しを行う同イベント。夢さん橋会場では、地方の物産店や手作りアクセサリーを販売する「青空バザー」を実施する。NBF大崎ビル(旧ソニー)前のデッキでは、地元の有志が熱演する「夢さん橋ステージ」と子どもたちがダンスや一輪車を披露する「キッズステージ」を用意。大崎西口公園のそばでは、ショベルカーの体験スペースも登場する。

[広告]

 10日には、毎年恒例の山手線1編成を貸し切り、各駅に止まらず大崎駅に戻ってくる「ノンストップ山手線」を行う。立正大学心理学部のキャラクター「ノン子」の声優・林りんこさんが一日駅長に就任する。乗車には事前予約が必要。

 メインイベントの一つ「ご当地キャラスポーツ大会」では、大崎駅西口商店会のマスコットキャラクター「大崎一番太郎」と、全国から集まったご当地キャラクターがサッカー対決をする。4回目となる今年は、高知県須崎市のゆるキャラ「しんじょう君」や北海道山越郡長万部町のゆるキャラ「まんべくん」、鹿児島県伊佐市のゆるキャラ「イーサキング」たち10人が出場予定(2016年10月4日現在)。勝てば大崎駅の一日副々駅長になれる。大崎一番太郎役の山口勝平さんや林さん、スパンキー役の中谷一博さんがイベントの実況を行う予定。

 同商店街新規事業部の綱島竜太さんは「大崎の企業や地元の方がお互いに協力し合い成り立っているイベント。特に小さなお子さんに楽しんでもらえるよう、大崎を盛り上げられたら」と意気込む。

 開催時間は10時~16時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加