天気予報

30

19

みん経トピックス

スーツ無料貸出で障がい支援中延シェアアトリエが5周年

西五反田に「創作中華 火鳳」 店主は大連出身、新潟から単身上京

西五反田に「創作中華 火鳳」 店主は大連出身、新潟から単身上京

店主の高松純子さん

写真を拡大 地図を拡大

 西五反田エリアに5月9日、「創作中華 火鳳 五反田店」(品川区西五反田1、TEL 03-3779-2521)がオープンした。

「創作中華火鳳」の外観

 主な客層は30~40代のビジネスパーソン。3階建てで、店舗面積は105坪、席数は65席。1階にカウンター席、2階にテーブル席、3階に座敷席を用意する。

 店主は中国・大連市出身の高松純子さん。出店の経緯について、高松さんは「もともとは主人と住んでいた新潟で、夫婦で中華料理店を構えていた。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて、単身上京し、東京出店に踏み切った」と話す。

 メニューは「麻婆豆腐」(680円)や「水煮魚(白身魚の四川風煮込み)」(1,280円)、「ラム肉のクミン炒め」(1,280円)など、四川料理を中心に70種類以上を提供する。

 ランチは、「青椒肉絲セット」(750円)、「麻婆豆腐セット」、「口水鶏(よだれ鶏)セット」(以上700円)など、13種類を用意する。

 ドリンクは、「サッポロ生ビール黒ラベルたる生」(450円)、「甕(かめ)出し紹興酒」(480円)、「パンチレモンサワー」(380円)など。客単価は昼=800円、夜=3,500円。

 「生まれ故郷の大連市は、海の幸が豊富な場所。経営が安定したら、海鮮を生かしたオリジナルの中華料理をどんどん増やしていきたい」と高松さん。「四川料理を中心に、たくさんのお客さまに楽しんでいただければ」と笑顔を見せる。

 営業時間は、11~15時、 17時~24時。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

CAFE JOAOの内装
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング