食べる

西五反田に回転ずし「スシロー」 品川区初出店、都心型店舗2号店

「スシロー五反田店」の外観

「スシロー五反田店」の外観

  •  
  •  

 JR五反田駅近くに5月29日、回転ずし「スシロー五反田店」(品川区西五反田1、TEL 03-5436-8146)がプレオープンした。

「スシロー五反田店」の店内

 あきんどスシロー(大阪府・吹田市)が全国に462店舗を展開する同ブランド。品川区初出店で、昨年9月にオープンした「スシロー南池袋店」(豊島区南池袋1)に次ぐ、2店舗目の都心型店舗となる。店舗面積は約85坪、席数は123席。

[広告]

 出店の経緯について、営業部営業課長兼、同店店長の前田欣也さんは「これまで郊外中心の出店だったが、都心でもスシローの味を楽しみたいという声を受けてオープンした南池袋店が好評だったため、2号店を出店することになった」と話す。「山手沿線の中でも、駅からのアクセスの良さに加え、周辺に住宅地がある立地として、出店にふさわしいエリアだと感じている」とも。

 同店では、都心型店舗ならではのサービスとして、「Auto Waiter(オートウェイター)」を導入。通常の回転レーンに加え、注文した皿がテーブルに直接流れ込むレーンを設け、よりスピーディーな商品提供に貢献する。

 入店の待ち時間短縮のため、スシローアプリで座席の受け付け予約サービスを提供するほか、会計の待ち時間短縮のため、来店客自身で会計可能な「セルフレジ」を設置。クレジットカード決済にも対応している。

 すしのグランドメニューの価格は120円~。郊外既存店舗(100円~)と比べると高い設定になるが、「原価率約50%を維持しながら、高品質な商品を提供できるよう努力を重ねている」(前田さん)という。

 都心エリア限定メニューとして、「大切り中とろ」「トロ3貫盛り」「サラダ3貫」「納豆軍艦3種盛り」「サーモン3貫盛り」「天然ネギまぐろ手巻」(以上120円)、「よくばり3貫盛り」(300円)を用意する(価格は全て税別)。

 「南池袋店はビジネスマンや学生、インバウンド需要が圧倒的に多いが、同店はプレオープン初日の時点で近隣のファミリー層やママ友、ご年配のお客さまの来店が多く、新たな手応えを感じている」と前田さん。「企業理念の『うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。』を実現するためには、同店のような都心型店舗こそ、地域の皆さまに喜んでいただく店舗作りが必要。都市部のお客さまのニーズにもしっかり応えていきたい」とも。

 営業時間は11時~23時(土曜・日曜・祝日は10時30分~)。プレオープン期間の6月4日までは11時30分~21時の時間短縮営業。

  • はてなブックマークに追加