食べる

西小山に「カフェ ジョアン」 コンセプトは「ジャズが好きな人の居場所」

店主の土屋和生さん

店主の土屋和生さん

  •  

 西小山駅、西小山桜並木通り沿いに6月7日、「CAFE JOAO(カフェ ジョアン)」(品川区荏原5、TEL 03-6426-8288)がオープンした。

CAFE JOAOの外観

 コンセプトは「ジャズが好きな大人がくつろげる場所」。店内にはジャズやボサノバが流れる。店舗面積は約16坪、席数はカウンター7席、テーブル席18席の計25席。

[広告]

 店主の土屋和生さんは元IT会社勤務。退職後に同店を開業した。土屋さんは「もともとジャズが好きで、いつかジャズを流す店を持ちたいと思っていた。自分を含め、音楽が好きな人たちの居場所になれたら」と話す。店名の由来はボサノバの神と称されるジョアン・ジルベルトから。

 ランチメニューは日替わりで、「本日のカレーランチ(ミニサラダ、ドリンク付き)」「本日のパスタランチ(ミニサラダ・パン・ドリンク付き)」(以上1,000円)を提供する。カレーは「チキンキーマ」や、オリジナルカレー「チキンジョアン」など、スパイスにこだわったものを用意する。

 ディナメニューは「エビとマッシュルームのアヒージョ(バゲット付き)」(700円)や「鮭のムニエル・レモンバターソース」(1,000円)、「骨付きラムステーキ」(1,200円)などを提供する。

 ドリンクは「コーヒー(ホットまたはアイス)」「ティー(ダージリンまたはアッサム)」(以上500円)、「ハイネケン(レギュラー)」(700円)、「本日のグラスワイン」(800円)などを用意。店内にはワインセラーも設置する。

  そのほか「レアチーズケーキ」(500円)や「バナナのスムージー」(600円)なども。

 「昔ジャズをやっていたので、今後は店内でジャズライブも企画している」と土屋さん。「ジャズやボサノバが流れる空間でゆっくりとくつろいでいただけたら」とほほ笑む。

 営業時間は11時30分~23時(ランチタイム=11時30分~14時)。火曜日定休。