3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

白金高輪にフレンチ「オルディヴェール」 22時以降限定の南インド風カレーも

オーナーソムリエの戸田健太郎さん(左)とシェフの飛松裕之さん

オーナーソムリエの戸田健太郎さん(左)とシェフの飛松裕之さん

  • 97

  •  

 白金商店街の四の橋交差点付近にフレンチ「Ordi-verre(オルディヴェール)」(港区白金3、TEL 03-6874-3380)がオープンして2カ月がたった。

「オルディヴェール」の店内

 店舗は、マンション地下1階にあったイタリアンレストランの居抜き。窓の外の景色を気にせず料理に集中してもらえるよう、地下の物件にこだわったという。店舗面積は19.5坪、席数は16席。

[広告]

 オーナーソムリエの戸田健太郎さんは鳥取県出身。調理師専門学校を経て、東京のフレンチレストランでなどで15年間ワインに携わる。自分の店を持つのは今回が初めて。

 同店のコンセプトは「ナチュラルとクラシック」。戸田さんは「しっかりとしたワインに合う高級フレンチを楽しめる硬さ、オーガニックで新しいワインも気軽に楽しめる軟らかさの二面性を楽しめる店にしたかった」と話す。シェフの飛松裕之さんも「お客さまのその日飲まれているワインに合わせて、同じ料理でもソースの味付けなどを変えている」と細部にまでこだわる。

 ワインメニューは200種類以上。「カーブドッチ2016 もぐら」(ボトル=8,100円)、「オーストリア ゼップ・ムスター 20007 モリヨン」(ボトル=1万800円)、「ドゥーツ1990 ミレジム」(ボトル=3万4,560円)、「シャトー グリュオ ラローズ」(ボトル=3万4,560円)、「シャンボール ミュジィニー ダニエル モワンユドロ」(ボトル=3万7,800円)など、ナチュラルワインからクラシックワインまで幅広くそろえる。

 食事メニューは、「プリフィクスコース」(8,640円)と「その日のおまかせのコース」(6,360円)の2種類。戸田さんの出身地である鳥取の食材を中心にした。メインディッシュには「西田さんが育てた“大山黒牛”ソースカシス」、サラダは「野菜の宝庫“TOTTORI”」、「エスカルゴ ブルゴーニュ 2015」など。アラカルトにも対応する。

 22時以降のメニューとして、「モヒンダさん直伝 シェフ飛松の最高の南インド風チキンカレーライス パクチー添え」(フル=1,944円、ハーフ=1,296円)を用意する。そのほか、「鳥取県産 猪(いのしし)100%の煮込みハンバーグ ソースシャスール」(3.456円)なども。

 「早い時間に出すとカレーの匂いで他の料理が楽しみきれなくなってしまうので、22時以降限定での提供にした」と戸田さん。「評判を聞き付けて、飲み会後の締めとしてカレーを食べに来店されるお客さまもいる。肩肘張らず、安心して過ごしてもらえる場所になれば」とほほ笑む。

 営業時間は18時~翌1時(金曜は翌2時まで)。日曜、第3月曜定休。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home