食べる

田町に居酒屋「丸呑 稚内漁港&稚内牧場」 ドリンクは全品290円で統一

店長の谷村博さんとポスター

店長の谷村博さんとポスター

  •  

 都営地下鉄三田駅近くに居酒屋「丸呑稚内漁港&稚内牧場」(港区芝5、TEL 050-5223-3844)がオープンして2カ月がたった。

「丸呑稚内漁港&稚内牧場」外観

 同店は新橋店に続く同ブランド2号店。店内は木材を基調にした和のテイストで統一する。大人数でもゆったりとくつろげるよう、全席を個室席にした。店舗面積は66坪、席数は150席。

[広告]

 店長の谷村博さんは、開店の経緯について「1号店がある新橋に続き、ビジネスパーソンの多い田町での集客を見込んで出店に踏み切った。宴会や接待のニーズを期待している」と話す。

 こだわりは北海道稚内の漁港、牧場から直送した食材。「カニみそ甲羅焼き」(580円)、「キャビア」(880円)、「刺身五点盛合せ」、「ラム肉しゃぶしゃぶ」(以上1,580円)、「鶏ザンギ」(780円)、「アワビの刺身」(1,380円)、北海道産のスケソウダラを干した珍味「ぼんたら」(680円)などを取りそろえる。

 ドリンクは全品290円で値付けをそろえる。ビールやハイボールなどの定番メニューのほか、厳選した日本酒を22品種以上用意する。「十四代 特別本醸造」、「獺祭 純米大吟醸 50」、「黒龍 純吟」、「鍋島」、「出羽桜」などをグラスで提供する。客単価は4,000円。以上、税別。

 「夜は宴会の利用者が多く、会社帰りの方を中心に好評をいただいている。昼から開けているので、主婦層の来店も多い」と谷村さん。「皆さんに喜んでもらえるよう、良い食事を安価で提供していく。味には自信があるので、ぜひ一度食べに来てほしい」と笑顔を見せる。

 営業時間は12時~翌4時。