天気予報

30

21

みん経トピックス

田町に稚内推しの居酒屋五反田高架下に複合施設

品川インターシティで「SAKE Spring 品川」開催へ 「日本酒と京都」テーマに

品川インターシティで「SAKE Spring 品川」開催へ 「日本酒と京都」テーマに

昨年4月に京都で開催された「SAKE spring」の来場者の様子

写真を拡大 地図を拡大

 品川駅港南口近くにある品川インターシティのショップ&レストラン棟前(港区港南2)で4月12~15日、日本酒イベント「SAKE Spring 品川」が開かれる。主催は、新日鉄興和不動産(港区)、かがた屋酒店(品川区小山5)、観光企画会社ののぞみ(京都市)によるSAKE Spring 品川 2018実行委員会。

昨年4月に京都で開催された「SAKE spring」の会場全体の様子

 イベントのコンセプトは「お酒の可能性を広げ、新しい歴史をつくる」。国立京都国際会館イベントホール(京都市)で昨年4月に第1回イベントを開いたところ、約8500人が参加したという。東京開催は今回が初めて。

 のぞみ社長の藤田功博さんは「品川エリアの活性化について相談があり、今回の開催に至った。品川は京都に一番近い東京の新幹線停車駅。東京の入り口でお酒と京都を楽しんでもらいたい」と話す。

 期間中、日本全国から約40蔵が日替わりで参加する。日本酒はチケットと交換制で、小林酒造(栃木県)の「鳳凰美田」や平和酒造(和歌山県)の「紀土(きっど)」など、合計100銘柄をそろえる。

 会場では、かがた屋酒店が日本酒バーコーナーを設置し、木屋正酒造(三重県)の「而今(じこん)」や富久千代酒造(佐賀県)の「鍋島」など、今回不参加となったお薦め銘柄を用意する。

 フードメニューは、だし巻き卵、からあげ、サバの漬物などを予定。京都の人気店を中心に、日本酒に合うおつまみを販売する。

 「お酒好きだけではなく、京都が好きな方も一緒に楽しめる企画にしたい」と藤田さん。「お酒と京都を通じて、人と人とのつながりを作れる場になれば」と来場を呼び掛ける。

 当日チケットは、お酒券10枚つづり=2,000円。前売り券は3種類で、お酒券10枚つづり(特製おちょこつき)=1,800円、「菊乃井」弁当付きチケット=6,000円、「下鴨茶寮」弁当付きチケット=5,200円。フードメニューは現金支払い。

 開催日時は、4月12日~13日=16時~21時、14日~15日=11時~17時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

スペース内に設置された同社のお菓子
[拡大写真]

アクセスランキング