食べる

白金高輪に小料理店「小さい田んぼ 櫻咲」 焼酎と日本ワインを用意

季節の食材を使用した小料理

季節の食材を使用した小料理

  •  
  •  

 白金高輪駅近くに、小料理店「小さい田んぼ 櫻咲(さくらざき)」(港区高輪1、TEL 03-6277-0363)がオープンして2カ月がたつ。

「小さい田んぼ 櫻咲」の外観

 店主は、小料理店「日本橋 逢坂」(中央区)で板前の経験を持つ小田美咲さん。新店はイタリアンレストランを居抜きで改装した。店内にはレストランから引き継いだワインセラーやグラスが置かれている。店舗面積は11坪、席数はテーブル8席、カウンター6席。

[広告]

 店のコンセプトは「飲む人も飲まない人も楽しめる小料理店」。本格焼酎や日本ワインのほか、旬の食材を用いた小料理を提供し、和やかな雰囲気を大切にする。

 料理には、小田さんの出身地である鹿児島の食材を用いる。メニューは「ふくどめ小牧場」(鹿児島県)の希少な豚「サドルバック」を使った「春キャベツとバラ肉やわらか煮」(1,500円)や「なんこつ煮」(890円)、「メンチカツ」(420円)、鹿児島県産うなぎの「白焼・かば焼き」(1,200円)など。コースは、市場から仕入れた季節の食材を中心とした小料理各種(5,000円~)を提供する。

 ドリンクは、「小鹿」や「さつま若潮」、「佐多岬」、「千亀女」(以上680円)など、鹿児島県産芋焼酎をそろえる。そのほか、赤・白・ロゼの日本ワインが楽しめる「飲み比べ4種セット」(1,500円)や平川ワイナリー「デラウェア」(グラス=600円)、ココファーム「甲州種 FOS2015」(グラス=1,000円)なども。

 ランチタイムは、肉か魚のメイン料理におばんざい6種、ご飯、みそ汁が付く、日替わり定食メニュー(1,200円)を用意する。客単価はランチ=1,200円、ディナー=7,000円。

 「割烹(かっぽう)料理とワインの組み合わせは珍しいが、最近の日本ワインは質が高く、ダシとの相性も良い」と小田さん。「旬の新鮮な食材を厳選しているので、落ち着いてお酒を楽しみたい人はもちろん、健康に気を遣っている方もぜひ」とほほ笑む。

 営業時間は18時~24時(土曜・日曜・祝日は17時~23時)。ランチタイムは11時30分~14時(火曜・水曜・木曜)。4人以上での利用は要予約。

  • はてなブックマークに追加