JR東日本、品川~田町間の新駅名を公募 ツイッターでは「高輪」「芝浦」などの候補名も

建設中の新駅

建設中の新駅

  •  

 JR東日本は6月5日、JR山手線・品川駅~田町駅間に開業を予定している山手線30番目の新駅名の公募を始めた。同社によると、駅名を公募するのは今回が初だという。

新駅完成後のイメージ 写真提供/JR東日本

 新駅は品川駅から約0.9キロメートル、田町駅から約1.3キロメートルの品川車両基地の跡地内に誕生する。ホーム形態は線路別の島式2面4線(山手線、京浜東北線)。地上3階と地下1階の構造で、高さ約30メートルの鉄骨造り。2020年春に暫定的に開業し、2024年に本開業する。

[広告]

 新駅名の公募について、同社担当者は「社員だけでなく、皆さまと一緒に新しい街の玄関にふさわしい名前を考えていきたい。幅広くご意見をいただきたいので、ぜひお気軽にご応募いただければ」と話す。

 新駅名は応募数ではなく、応募されたすべての駅名を参考にして決めるという。受付は、専用ウェブサイト、または郵便はがき。発表は2018年の冬ごろを予定し、採用となった駅名を応募した人の中から抽選で100人に同社オリジナルグッズを進呈する。

 この発表を受け、ツイッター上では「芝浜と泉岳寺で迷う」や「地名を考えると高輪か芝浦が良いのでは」といったツイートが見られた。そのほか、「高輪芝浦」、「新品川」、「港南」、「品田」とさまざまな候補が上がり、「京急本社前」や「新参」、「品川2.0」など、笑いを誘う投稿も。

 応募締め切りは6月30日(はがきは当日消印有効)。

ピックアップ